忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



店で見て、思わず買ってしまったこのDVD。

「The Manhattan Transfer Vocalese Live 1986」

完璧なコーラスとオシャレなステージングで
当時大人気のマントラのコンサート映像だ。
しかも、このコンサートは、
1986年2月11日の日本公演、会場は中野サンプラザ。
ちなみに僕はこの4日前の2月8日の東京厚生年金ホールでの
公演を観ている。(古いチケットの半券で確認できた)
そんな事情もあって、
あの日客席から、ひたすら憧れの眼差しで眺めていた
ファッショナブルなそのステージを、
今またこうして鑑賞できる気分は、
まるでかの時代へタイムスリップしたかのようで、
時折映し出される会場の様子に、
あの頃の自分を探してしまうのだった。
(もちろん、この会場にはいないんだけど)

いやいや、それにしても素晴らしいテクニック。
当時も凄いとは思ってたけど、
今聴くとさらに凄い・・。
こんな彼らのレパートリーをコピーしようとしていたなんて、
僕ら10年早かった。
いや、、結果的には20年たっても背中さえ見えていないさ。

さらに、
今回新たに感じたのは、バックバンドの素晴らしさ!
当時の僕は、全くそれには気がつかなかったんだな。
マントラとバックが一体となって、
まさにザッツエンターテイメント。

ま、、口をあんぐり開けて、楽しむしかないだろう。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
無題
大学生になってしばらくしてレコードをすべてテープにダビングしましたね。
当時サークルの先輩のGさんって人に誘われて日本青年館かなんかに行って以来かれこれ4回か5回は見に行きました。
初期bakujinで
Java Jive
Nightingale Sang in Berkeley Square
の音取りをしていたころが懐かしいです。
JIN@4~5回ほど行ったかな 2008/04/24(Thu)12:44:13 編集
観たいです
確か、ドラムがスティーブ・ガットだったような…
まんぼうにも、テープの音源がどこかに眠っているはずです。
久しぶりに聴きたくなりました。
まんぼう@ほにゃらら~ 2008/04/24(Thu)20:28:31 編集
懐かしいよね、
>Java Jive
Nightingale Sang in Berkeley Square

恐怖の音取りでしたな・・。
不思議とあの頃の同録音源がない。
(なくて幸いかもね、、汗)

ぃぇぃぇ、この時のバックにガットはおりません。
ていうかガットがバックをやっていた時期があったのですかぁ?

※訂正。
 本文中、収録が2月11日と書きましたが、2月20-21日の間違いでした。すいませぇん。

筆者 2008/04/24(Thu)22:46:52 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.