忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
ピックアップ交換をするために
リペアに出していた 18クンが
昨日戻ってきた!

で、この前の記事にも書いたように、
若干の仕様変更を行いイメージチェンジを行った。





ピックガードをブラックから鼈甲柄タイプへ変更。

そして、ペグをオープンバックタイプのものへ変更。





製造から20年余経ってトップの色がいい具合に焼けてる18クン、
それらの変更を行ったために、、一瞬見た目は
プリウォーのヴィンテージマーティンのよう♪

正直なところ、
ペグはツマミの部分が小さくなった分、使い難くなったし、
精度もおそらく落ちた、、とは思う。
でも、、いいんです(笑)
見た目が良ければ。

肝心の新ピックアップは、パッシブタイプながら
従来のサドル下ピエゾに比べて、中低音が明らかに太くなった。
出力も結構大きい。
でいながら、生音はほぼ本来の響きに返ったはず。

眺めては悦に入っているのだ。









PR


自宅でもライブの現場でも、
ささっと手軽に合わせることができるクリップ型チューナーは
今やギタリストの必需品。
各メーカーから実に多くの種類が出ていて値段はピンキリ。
でも、、音は合えばいい、わけだから、
かつて、音叉で合わせていた身の上からすれば、
ついつい安価なものに触手を伸ばしぎみ・・・。

結果、使いづらい。
精度が悪くてイライラすることもしばしば。

チューナーは「合ったよ」と言っているのだが、
自分の耳はそれを信用していない。
結局、微調整をせざるを得ない。

ま、、それもチューナー本来の使い方として
慣れればいいんだろうが、昨今は音叉で合わせたことのない
若いプレイヤーも多いと聞けば、この程度の精度でいいの?
と、、文句のひとつも言いたくなるのだ。

で、このチューナー。

個人的には、ハズレ。

















18クン、、リペアに出しました。
悩んだ末、ピックアップについては、ボディーの裏に貼る
タイプのピエゾPUへの換装。
これ、この前ウクレレに取り付けたピックアップのギター版で、
ギターの鳴りについてはほぼ影響なし。

ちなみに、これまで装着されていたサドル下のPUは
取り外した上で、サドルは作り直し。

リペアマン氏をもって、
「うわぁ、ネックの状態、いいですね、
 すごく鳴ってますねぇ、、」と言わしめるほどに
全体的な状態はよろしいようで♪♪

というわけで、この18クンは、これからも
自分のメインギターとして活躍してもらうことに!

で、、それならば、、と、
少しオシャレになって、より愛着の湧く仕様になってもらおうと、
若干の仕様変更を依頼。

どんな姿になって戻って来るか、今から楽しみっ!!


■ Osugi music instruments repair dept ← リペアショップ







この18との出会いは、2003年頃のこと。
前オーナーの手によってパッシブのピエゾPUが
仕込まれていたので、エレアコを必要としていた
自分には却って好都合。ということで、深く考えずに購入。
その後は、メインの一本としてフルに活用したモデル。
発端は4年前、ナット交換を行って以後、
なんとなく生音が高域に寄った感じで、気になりだした。
折しも、ライブではエレキやガットを使う機会が
多くなっていたので、18の出番は減っていた。

で、ここ最近、、、。
この音は好みではない、、と真剣に思い出した(笑)
巷間言われるような、マホは温かく甘いトーンだ、とは
かけ離れた音のように感じるのだ。
そこへ持ってきて、PUからノイズが出ていることを発見!
さあ困った・・・。
けど、、仮にもMartin。
惚れて手にいれた相棒だし・・・。
さんざん尽くしてくれた相棒だし・・・。
見た目は、ようやくいい味が出てきたし、
弾き続ければまだまだ成長するはず。

調整に出してみようかな。

この際だから、ライブ用はTaylorクンに任せて、
この18は、PUを外して完全なアコースティックに
してしまおうかな?とも思案中。







少し前に書いた記事、、
今現在、ウチにあるギターを弾き倒した?結果、
明らかに他のとキャラが大きく異なる1本を発見。
いや、発見というより、再確認というべきか?

それが写真の000-18。
使っている木が違うし、ボディタイプが違うから
違っていて当然なんだけど、、明らかにキャラが違う。
いまさらだし、、18クンには気の毒なんだけど、
長い間どうして僕は彼をメインとして使ってきたのかが
理解に苦しむほど、今の自分の好みと違ってしまっている。
たぶん、、ライブの現場であったり、各種エフェクターの
オブラートがかかってしまうことによって、
気にならなかったのか、、気にしてこなかった、という
ことなんだろうな。
生音は好きなんだけど、現場で求めている音ではない、、という。

18の話は、続くのだ。









拙ブログの読者さまであれば、
一体僕が何本ぐらいのギターを所有しているのかを、
大雑把にでもご存知では?と想像するわけですが、、。

実はワケあって、本日只今の時点でワタシの部屋には
さらに多くの、しかも高級なギターが集まってしまって
いるのであります。
まぁ、なぜそんなことになったのか、とか、
それらのギターの銘柄や素性の詳細を語ることは
敢えて、控えさせてもらいますが、それはそれは贅沢なラインアップ、
なのであります。

トップ材はスプルース (シトカ・イングルマン) 、シダー。
で、サイドバック材ときたら、、
サペリ、マホガニー、ローズウッド、
コア、メイプル、、そして希少なハカランダもある!
ボディータイプもドレッドノート、000タイプ、OM。
さらに、14フレットジョイント、12フレットジョイントもある。
ま、要するにひととおり網羅されているワケ・・・。
ちょっとしたコレクター気分。

で、これをチューニングして、
片っ端から弾いてみるわけなんだけど、
それがなんとも贅沢なひとときなのだ。

どいつもこいつも皆いい音しやがる(笑)
もちろん、ひとつひとつに個性がある。
語りだしたらキリがない。


で、結論。
みんないい音。
優劣なんかない。

あるのは、音の好みと、弾き心地の好みだけ。

贅沢すぎるぞ!






自分の音楽がどこへ進もうとしているのか、
何を目指しているのかは分からんけど、
いや、、それとは無関係なんだけど(笑)、
ずっと喰わず嫌いだったレスポールが、
先週からウチに居ます(^^)
安心してください、、信頼の国産モデルです。

見た目はクラシックだけど、ネックの厚みはほどほど。
生音でのサスティーンが印象的。
フロントのクリーンがツボです。
テレキャスに比べて、プレーン弦の響きが太くて好き。
リアも全然使える感じ。

自室のアンプの音を絞って、
こんな感じで弾けたら楽しいだろうな、と。











COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.