忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003


F市の多機能型作業所『W』
それぞれのハンディーを抱えながらも
社会参加をする彼ら彼女らの作業所だ。

この日こちらで開催の成人式に
縁あって夫婦で出かけた。
作業所の関係者や利用者さんらによる手作りの式。
笑いの絶えない温かい式となった。
僕らもウクレレとギターを持ち込み
お祝いの演奏をさせていただいた。
自分で選曲しておきながら、、近頃は特に涙腺が
ゆるいもんだから、危ないシーンもあったりして(笑)

新成人は可愛らしい女の子が2人。
ひとりは晴れ着。

かわいいなぁ~。
この手の儀式は、女の子が断然可愛い。

と、珍しく相方と意見があった・・・(笑)














PR


まだ松の内明けて間もない1月8日、
新年一発目のライブステージは、
So-BANDとして立ってきました。

午後からあいにくの冷たい雨にもかかわらず、
たくさんのお客様。

僕らは二番手。
いきなり言い訳になってしまうけど、
今回も十分な練習時間を取れたとは言い難い状況。
案の定、、大小のミスを重ねてしまった。
まぁ、お客さんにも救われ、終わってみれば
それなりに僕らの良さは出せたんじゃなかろうか。

告知には僕ら以外の共演者はなかなかの実力者、、
という表現を使いましたけど、
どうしてどうして、、プロも含む凄い人達でした。
という中にあって、、
まだ結成して間もないSo-BANDにハコから声が掛かっただけで
勿怪の幸い、、とも言えたわけでして、
今回の企画ライブに出演したことは、僕らにとっては
大きなチャレンジとして、今後に生かせれば良いのかな、と
思っているような次第。

で、
そんな実力者揃いの中でも、
特に強く印象に残ったバンドをご紹介しておきます。

エレキとアコギとパーカスという珍しい3ピースバンド。
でも、それを感じさせない分厚くパワフルな音。
さらにハーモニーワ-クも素晴らしい。
要するに、音楽性が高い。
それもそのはず、メンバーのプロフィールを読んで納得した。
あえてここでは書かないけど、、。
こんな連中が目の前で演奏するんだから、
素晴らしくないわけがない。
貼り付けたのは彼らのテーマソングだけど、
これはストレートなファンク路線。
他の曲もアレンジが緻密で計算づく。
そこがすごい。

KENNEL (ケンネル)




あ、、自分の話より他人の話になってしまった・・・。









4日は毎年この日が通例となっている職場の初詣。
去年に比べて人出はいくらか少ない?
いや、絶対に少ないと思う。
道中の幹線道路の車の量も少ない。
今年は押しなべて遅めのスタートか?
かくいう自分も、今日5日は職場に行くことなく
自宅でCAD仕事にいそしむいそしむ。
このまま、6-7-8日と休んじゃうつもりなんであります。
こんなに休んで良いの?と不安に思わないわけでもないが、
たまには許してくださいませ。

で、その8日(成人の日)が、本年初ライブとなる。
会場は志津の「サウンドストリーム佐倉」
http://shizu-sound-stream.com/


僕は二番手。
So-BAND で出演。
詳細はコチラ↓↓↓ にあります。
http://shizu-sound-stream.com/2017/11/live-schedule/16404.html


そばカフェ301のマスター渡邊氏とのこのユニット。
今回も新曲を引っ提げての登場となります。
他の出演者も千葉・佐倉では名のある方達ばかり。
なかなか聞きごたえのある夜になるはずです。
お運びください。












新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

関東地方はこの三が日、快晴に恵まれ
穏やかな正月を過ごすことが出来ました。

写真は元旦。
久しぶりに近所を走ってみました。
川沿いのサイクリングロード、さすがに人影は疎ら。
北風が強かったので少々きつさもあったけど、
まずまず気持ち良くはしることができました。



この写真は暮れの大晦日。
サウンドストリーム佐倉のカウントダウンコンサートへ
遊びに行ったときのもの。
So-BANDも1曲だけ参加させてもらいました。
1号渡邊 2号 ば く 3号 og3 の三人揃い踏み(笑)

いやいや、楽しいひとときでした。











大晦日、既に日も暮れて、
そろそろ年越し蕎麦を祝おうか、という時間です。
が、この時間になっても、なお正月を迎える実感がありません。
皆さんも、でしょうか?


振り返れば、今年ほど数多くのステージに
立たせて貰ったことはなかったな…。
弾き語りであったり、デュオスタイルであったり、
サポートギタリストであったり、ベーシストであったりと、
音楽スタイルは、その時々で相変わらず定まらないけど。

いつの頃からか、
自分らしさとか、
自分だけの音楽表現とか、
拘らなくなったな。
長い年月をかけて、
自分に備わったもの、宿ったもの以外は
アウトプット出来るはずもないわけだし。
自分の出来る範囲の力で、
その瞬間、如何に目の前のオーディエンスに
喜んでもらえるのか。
あわよくば、人生を重ねて聴いてもらえる瞬間も
あるかもしれない。
懐かしく、甘酸っぱい思いに浸ってもらえるだろうか、、。
そんなことを思ってステージに立っている。

近頃は、若いミュージシャンの前で演奏する機会も多いので、
そんな時は彼らの目を少しばかり意識して(笑)、
月並みだけど、「まだ若いモンには負けたくない」的な
思いもむっくりと顔をもたげる。


自分の思いを伝える努力よりも、
音楽することそれ自体の魅力を伝える努力。
僕の中ではそちらが先決。

共演のミュージシャンへのリスペクトと、
お客様への感謝の気持ち。
音楽を続けられている事を
音楽の神様に感謝をしつつ、

今年はおしまい。

来年も良い年にしたいものです。






2001年から続く「るあ と BAKUJIN のクリスマスライブ」
数えて17回目、無事終了です!

共演の るあ そして、まみサンタさん、
ありがとうございました。
イブにもかかわらず、足を運んでくださったみなさん、
本当にありがとうございます!


今年のBAKUJINは、じんたとロッキーが欠席。
4分の6、、なので " ほぼBAKUJIN "

ア・カペラや賛美歌こそ披露できなかったけど、
出演の4人でなんとかBAKUJINのレパをやり繰り。
でも、、いざ演奏を始めれば、過去何度も何度も
繰り返し演奏をしてきているので、すぐさま
勘が戻ってきた、、感じ?

みんな、頑張ったなと思う。
人数が少ない分、互いにカバーしあってるのが
すごく良くわかったし。

" ほぼBAKUJIN "
Vo: ふう
Perc: ワカ
Key : まんぼう
Gt & Vo : ばく
















それにしても、
BAKUJINの曲をBAKUJINのメンバーで、
BAKUJINのアレンジで演奏するのは、
本当に久しぶりのこと。
この間に僕はいろんなミュージシャンやバンドを
見聴きしてきたわけだけど、やっぱりBAKUJINは
実に個性的なバンドだし、そのスタイルは他のバンドには
なかなか真似のできないスタイルだなと、改めて感じた。
どこにも属していない、BAKUJIN流だなと。

もちろん、、その目指す音楽的な高みに届くには
まだまだ力が足りないし、今後どんなに努力しても
その域に達するのは厳しいかもしれない。
残された時間だって圧倒的に足りないであろうことは
容易に想像できる。

僕の頭の中にあるBAKUJINの音は、
こぉぉんなに高いところにあって(笑)
そこにたどり着けるには、メンバー個々が,
もちろん僕自身も含めて、
イヤになるくらい技術的な努力をして、
そこに熟練度が加わって、
なんどもステージに立ってライブ力が備わって、
ようやく達するんだろうな。
それって、めちゃくちゃ厳しいよなぁ。

そう思うと、、少し暗い気持ちになる、、(^_^;)










今年もこの時期がやってまいりました。
2001年から続く
るあ & BAKUJIN 恒例のクリスマスライブです。

12月24日(日曜日)
江戸川・瑞江 HOT コロッケ 

http://plaza.harmonix.ne.jp/~hotcroq/index.htm

18:00 Open
18:30 Opening Act (出演者全員)
19:00 ほぼ"BAKUJIN"
20:00 る あ
21:00 まみサンタからの贈り物
   「X'mas紙芝居読み聞かせ」

ほぼ"BAKUJIN" って何?

残念ながら今年も全員参加とはならないのですが、
4人は揃うので、ほぼ"BAKUJIN" (笑)
もちろん、演奏する曲はBAKUJINのレパートリー。
懐かしいオリジナルもやりますよ。

ちなみに、今年のBAKUJINは、
ワカ・ば く・ふう・まんぼう の4人。

お運びください!!








COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 4 6
7 8 9 11 12 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.