忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
GW中の「りずみん」の動画がYoutubeに
アップされたのでご紹介します。

演奏曲は、ドラえもんの映画の主題歌でもある
『ひまわりの約束』

僕はベースでのサポート。
Youtubeのサイトへ飛べば、当日演奏した他の曲も
アップしてあるので、興味ある方はそちらも是非!










PR
自分で言うのもなんですが、
先月の横浜ライブで歌った「TSUNAMI」が思いのほか評判が
良くて、すごく嬉しかったのですが、、。
せっかくなのでその同録音源をアップしようと思ったら
容量オーバーでNG、でした。がっくり。

それじゃぁ、というワケでもないのですが、
たまには音源をアップしてみようかなと思います。

なんと!秘蔵音源(笑)
BAKUJINのメンバーに配るデモ用に作った『Do ! Be !』です。
2005年頃に作った曲かな?
アコギ3本の西海岸風の曲!、、のつもり。

コーラスもBAKUJINでやっているバージョンとは違うし、
ギターも後半はボキャブラ不足で手詰まり感あるし、
ツインリードはアイデア倒れしているしで、、
少々切ないんだけど、勢いだけはあるかな?
歌詞も出来たてで歌っているので、
うまくメロに乗せられてないですね。
BAKUJINだと、僕とロッキーとでリードを
分けてソロを取っています。

今回もヘッドフォン強力推奨です。
やや録音レベルが小さいのでパソコンのボリュームは
十分に上げてお聴きくださいませ。

フツー、、もっとプライド高いミュージシャンなら、
こういう切ないテイクは公開しないだろうな・・・(汗)

デモ-『Do ! Be !』 ← クリックでスタート。



久しぶりの音源アップネタです。

自分の持ち歌のなかで、
最も写真のギターの音色にふさわしいのは?と考えてみた。
そぉ、、、かのB.Bね。

その結果が、『ケイリー』。
「虎や日記」のタイガー佐野さんとの共作。
96年頃の作品かな・・・。
彼との共作としては珍しく詞と曲が完全な分業による作品。
曲が100%タイガー佐野さん、
詞が100%ワタシ。

去年夏の「虎やVresion R」のライブでも演奏した。

個人的に、、
最近、全然人前で歌っていなしいし、
この際、マイクを前に弾き語ってみるかな?と意を決し、
自室でひとり、レコーディングしてみた。
一発勝負!

で、、出来上がってみたら、
リードギターをかぶせてみたくなったとさ・・・(汗)

原音では、軽くリバーブのみかけてます。

当初の目的。
VGの音って、こういう音楽が似合うよね?


『ケイリー』 ← クリックで音が出ます!ヘッドフォン強力推奨!
曲:タイガー佐野 詞: BAKU

 そんな怯えた目をして 強がりなんて・・・らしいね
 私、うたれ強い女  いつかのおまえのセリフ
 オー ケイリー しなやかなおまえのすべて 
     ケイリー 抱いてやる

 少しきつめのシャドーひいて 舞うような今の女
 まるで初めての恋さ 見つめあうたび 胸焦がす
  オー ケイリー しなやかなおまえのすべて 
     ケイリー 抱いてやる

 オー ケイリー しなやかなおまえのすべて 
     ケイリー 抱いてやる
 
 あぶないよその胸元 罪な女の証さ
 軽やかに生きたいなんて・・・今さらそいつはないぜ
  オー ケイリー しなやかなおまえのすべて 
     ケイリー 抱いてやる

  オー ケイリー しなやかなおまえのすべて 
     ケイリー 抱いてやる


寝込んでしまうとか、病院に行くとか、、
そこまでの状態ではないにせよ、
ここ数年、春先はなんとなくスッキリしないというか、
そういう傾向が顕著になってきたような気がしてならない。
ま、季節の変わり目はみなさん多かれ少なかれ
そんな状態なんだろうけど。

以前紹介した『LOVE COLLECTION』の音源、
そのコーラスミックスバージョンのデモ音源が
関係者の皆さんのご好意?によって、
公開できることになった。

ドラムは同曲のCDリリース用のトラック、
そして、ボーカルも同トラックからのもの。
ちなみに、ドラムはタイガー佐野さんの在籍していた
TRADE MARKのドラマー・長谷川氏の生ドラムだ。
こうして聞くと、やっぱり生はイイっ!!

同CDリリース用トラックの骨格部分のみに
ギター2本とコーラスをダビングしたもので、
あくまでBAKUJINメンバー用に制作したもの。
ギターはかなりいい加減。。(汗)
ありがちな 『ウーアー♪』というコーラスではあるが、
オブリガード的な味付けにした。
とはいえ、、不安定な部分もあり、
その後のバンド練習の際にはところどころ修正をしている。

毎度毎度、、ヘッドフォン使用を強力推奨。
参考までに、以前にアップしたライブ版も再度の貼り付け。

LOVE COLLECTION - chorus mix


LOVE COLLECTION -2008/ 3/23 倶楽部LOOKより




なんともオシャレでカワイイ!
先日お話した地元のカフェ店オーナー所有のワーゲンバスだ。
フロントフェイスだけコンバートしたワンボックス軽じゃない、
正真正銘のワーゲン。
もちろん現役車。
マスターは、今もこの車で都心や郊外をケータリングして
回るのだそうだ。


さて、今回はかねてよりお知らせしていた
「LOVE COLLECTION」 のライブ音源のご紹介。
そもそもこの曲、
僕らBAKUJINにとっては、ハードルの高いアレンジ。
自分で作っておいてなんだが、、自分らのテクも考えずに
ヘッドアレンジのみが先行してしまい、結局は本番こそが
常に練習の場、、みたいな感じだった。

いくつかのライブ音源があるけれど、
アップした音源は、BAKUJIN 結成10周年記念ライブのうち
「倶楽部LOOK (千葉)」でのもの。
細かい(大きい?)ミスは多々あるし、後半はやけにリズムが
走っているしで、こっ恥ずかしい部分もあるのだが、
全体的に雰囲気は悪くないかな・・。
自分的には、
エレキがしょぼいな・・・。
後半に進むにつれて、アイデアが無くなって、ただ弾いている感、、、。

ま、でも、
当時のBAKUJINが、ここまでロックでブルージーだったかと思うと、
ビックリなぐらいの音。

いつものように、
ヘッドフォン強力推奨です。

LOVE COLLECTION -2008/ 3/23 倶楽部LOOKより





腰はコルセットで固めているのでガチガチ(涙)。

このところ拙ブログで紹介しているライブ音源ですが、
随分前に予告?したように、
こっ恥ずかしいにも程がある、レアなデモ音源も
この場で公開してしまおうかなと思います。
ま、拙ブログにご訪問いただく人数は、
日にせいぜい30人前後・・・。
音楽界に与える影響も少ないかなと、、(爆)

『あ、、BAKUって、、こんなヤツなんだと、、』と
認識も新たにしていただければ、それで良いかなと。

で、
その記念すべき第一弾は!! (^^ゞ
■LOVE COLLECTION
この曲は、BAKUJINにキーボード(まんぼう氏)が加入したのを機に
作った曲。つまり、最初から僕の頭の中には、
それまでのBAKUJINとは違うサウンドにしたくて
作った楽曲ということになります。
イコール、、ライブでどう演奏するかもイメージしながらの
作業でもあったわけでして、
結果、サウンド重視の作り方になったと。

最初は、リズムとコード進行のみを作りました。
完璧な「曲先」。
公開する音源は、短調なリズムマシンのパターンに
アコギ2本とベースをダビングしています。
タイガー佐野さんの知人であるところのSさんという
作詞家の方にお願いしてあった詞が届いて、
初めてメロに乗せて歌ったときの
いわばテストパターン的な音源です。
したがって、その後の歌メロとは異なる箇所が多々あります。
そもそも、自室でボソボソ歌っているだけなので、
ボーカルになってません。
録音しているときは、
ギターもベースも楽しくて、ついつい弾きすぎてしまい
若干のオーバーダブ傾向にありますね。
ミスもなんのその、、的な・・・。
要するに、パイロット版ね。
って、言い訳ばかり。

ほかにも、コーラスを録音したときのバージョンとかも
あるのですが、今回はアコギバージョンということで。

例によって、ヘッドフォン強力推奨です。

LOVE COLLECTION デモ アコギバージョン



COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.