忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おかげさまで、
ライブのあとは当ブログへお越しくださる皆さんの数が
多くなるようで、、ついついマメに更新しなくては、、と
張り切ってしまうのだ。

で、本日はギターについて。



写真、手前が今回僕の使用したE社 T-350。
GIBSONのES-350とバードランドを足して2で割ったようなフルアコ。
トップのサイズは17インチとビッグサイズだけどボディは薄め。
加えてショートスケール。
弦高はDIYでは限界の低め設定。
こいつに .11~のフラットワウンド弦。
カタチ的には、イッちょまえのジャズギタリスト(汗)
過去のライブでも何度か使っているけど(BAKUJINでも使った)、
実際のところジャズ的なアプローチで使用したのは初めて。
リバーブとブースターは持参したけど、
結局はチューナーのみ挟んでアンプ直。

Fu'sのFuさんは、ふだんの練習時から、
わりとギターの音に大きく包まれて歌う感覚が好み。
キホン、アコギストの僕は、比較的に深いピッキングで
強く弾くのがクセ。
でも、あまり強いピッキング(フィンガリング)だと、
ジャジーさに欠ける(ような気がする・・・)。
なので、右手は軽めのタッチを意識して弾く。
ピックは使用せずに、すべて指弾き。
なので、ボリューム関係は大きめにして、
アンプのトーンは、ミドル重視の設定。
ギターは、ジャズスタンダードからポップスナンバーまで、
曲に応じて手元のトーンの上げ下げで対応。
結果、、
現場では時おりハウりそうになるのが気になったけど、
音質的には、今の自分としては納得のレベル。
録音を聴くと、、、もうちょっとスッキリした音の方がベターかなと。


写真はHOTコロッケさんのHPから拝借。

ボーカル&ギターのJAZZ DUOスタイルで必要なギターテク。
いろいろ勉強した。
まぁ、興味のある人は少ないだろうから省略するけれど、
深みにはまったらさぁ大変!
ギターインストさえあまりやったことないのに、
自分のテクの範囲で攻略すべく、
自分なりのスタイルに作りこんで行く過程。
Youtubeの動画を参考に、多少のアイデアは頂戴するものの、
1曲としてコピーはなし。
すべて自分のアイデアと一瞬の閃きに任せる。
反射神経を試されているようなプレイ。
その時々の発見。
そして、それをクリアできたときの喜び。

ごめんなさい・・・
その喜びときたら、ボーカリストとしての自分には
決して味わえないものなのだ・・・って、、
なんで謝るんだろ(笑)

要は、シンプルにギターおじさんになっている自分。
色んなスタイルで音楽を楽しんでいる自分。
結構、好き。











PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.