忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いつだってライブ直前は緊張するものだ。
先週のライブもその例外ではなかった。
いや、いつも以上に緊張していた。
なぜなら頼みの?エレガットが直前の音出しで不具合が見つかり使用を諦めたから。
そこで"トラ"として登場したのが、エレキ、、となったわけなのだが。
お客さんがゾクゾクとみえて、リハはシャットダウン。
(ここまでは前回も書いた)

このユニットの音の中にセミアコがどう馴染んでくれるのか、、くれないのか。
そこが不安で不安で仕方なかった。

1曲目、速めのスゥイングで「Day by day」。
本番が始まった。
ロッキーのベースソロでスタート。
そこに越後屋のメロディオンとギターが絡んでくる、というアレンジ。

まずは10フレットあたりでコードを鳴らしてみた。
もろにハイ上がり、、、。
トーンを絞る。
すると、中低音がモコモコとこもってきた。
こいつは使えない・・・。
リアも鳴らしてみて確認する。
が、、曲が始まっているというのに、フロントとリアのバランスなんて
捜している余裕なんてない。
さぁどこを取る??

自分たちのユニット構成、サウンド特性、店内の音響特性やらを考慮して、、
まぁ当たり前ではあるけれど、フロントのみの使用にして、トーンは8~10ぐらい。
コードのバッキング時は、極力低音弦を弾かない。
とにかく、これで乗り切ろうと。

やがてギターソロ。
近頃は、(完全ではないにせよ、分からないなりに・・・)
コードを見ながら、スケール感を大きく外すことなく演奏する術を
得とくしつつあるので、それなりに弾くことができた。
もちろん、それが"いい演奏"かどうかというのとは、別次元の話。

ここいらから気分は少しばかり楽しくなってきた。

『ハイ上がり気味とはいえ、ユニット全体の音としたら、
むしろスッキリと輪郭のはっきりした音に聞こえるかも知れない・・・。
このまま行けそぉ。
それにしても今日の越後屋、、、いいなぁ・・・。』

なんてことを思いつつ、やがて「Day by day」は終わった。




この日初めて僕は、
このセミアコでジャズってる気がした。
道は遥かだけどね。

ギターは弾いてナンボさ。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.