忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日のHOTコロッケは、平日にもかかわらず、随分と賑やかだったようだ。
HPを見ると、pekoさん、momokoさん、鈴木さん、
ケーちん、HOTクラブ、spicy potato、おっぴん、、。
同店を通じて存じ上げる面々ばかり、よくまあ一晩に
これだけの顔ぶれが集まったなぁと感心してしまう。

で、、思うのは、
たとえば僕がこの場に居合わせたとして、たぶん1、2曲は
飛び入りで演奏させていただくことになったとしよう。
じゃ、何を演る?
まずオリジナルは有り得ないから、フォーク系若しくは
Jポップス系のカバーっていうことだろうか。
でも、出演の皆さんと被っても面白くないだろうから、、
ゆうべの場合なら、おそらく「江戸川スリム」さんと絡みたくて、
ブルースを演奏しただろう。(正しくは、ブルーズなのだョ。)
もっとも、スリム氏とはまだ一度も面識がない。
ご活躍の様子を拝見するにつけ、いつかは氏のライブを体験したいと
思っているのだが、これがなかなか実現しない。
かと思えば、ゆうべのように飛び入りで出演もなさっているらしい。
まことに残念である。
こういう事は、何もHOTコロッケだけではなく、「イフ」の
ライブスケジュールを見ても、いつも歯軋りをすることの多い僕なのだ。

一部の方はよくご存知のように、僕の場合、いわゆる「飛び入り」とか
「セッション」では、その場の雰囲気で演奏内容を決めてしまう
ところがあって、これといった決めのパターンがない。
特にロックだブルースだというミュージシャンと
遭遇しようものなら、血が騒いで仕方がなかったりする。
弾き語りでロックしたい、などと欲をかく。
結果、、絡みたくなる。
アメリカンフォークが受けると思えば、
歌いかじりのPPMを歌ったりもする。、
これ、、良くないよなぁと思う。
自分がない。
ミュージシャン同士って、何時間話すよりも、一発「音」を出せば
分かり合えてしまうような部分が(たとえ思い違いでも)あって、
ならば普段通りの音を出せばいいところなのに、
僕はそれをあまりやらない。
だって、所詮1.2曲では、自分を説明しきれないから。
思いはここに尽きる。

「フォークナイト」に出れば「フォークの人」って思われるだろうし、
「ソロ」でしっとり歌っていれば、「ボーカルの人」って思われるだろう。
「セッション」で、ブルースだクラプトンだとやっていれば、
また違った見方をしてくれる人もいるだろう。
でも、どれもが僕である、と同時にどれかひとつが僕、ということでもない。

そこで、さらに思うのだが、
こんな僕の曖昧な音楽性の支えになっているのが、
やっぱりBAKUJINの存在なのだと思う。
自分の音楽的な志向やルーツ、心情、心意気、、
それらをギュっと詰め込んで「オレはこれだよ。」って、
拙くも表現させてもらっているからこそ、いつもは好き勝手演っていられる、
そんな気がしてならない。
(もちろん、そのワガママに付き合ってくれるメンバーは大変だけど)

さて、いよいよ明日は「BACK IN TOWN」でのライブだ。
僕らより少し上の世代の耳の肥えたお客様が多いと聞く。
否、耳が肥えているどころか、日本のフォークミュージックを作り、
支えてきた人達の前でのステージとなる。
そういえば以前、同店の「弾き語りナイト」に出させていただいた時、
ある方に、
「君達の音楽は、『オレらはこれが好きで好きで仕方がない!』って、
言っているのが分かるよ。」という嬉しいお言葉をいただいた。
そして、「それが大切なことなのだ。」とも言われた。

その言葉に恥じぬよう、明日は頑張りたい。

ちょっと「正念場」な気分。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.