忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



少し寂しい話を耳にした。

ライブハウスというからには、
店のメインディッシュは音楽そのものであるはず。
演じる側も聴く側も、音楽を楽しむためにそこへ
足を運んでいるに違いない。

そこで演じる側の僕は自分自身に問うてみる。

聴く人にを楽しんでもらえるような「音楽」を
提供できているかどうかと。

ライブハウスは、閉ざされた空間だ。
イヤなら、その前を足早に通り過ぎることのできる
ストリートとは訳が違う。
決して、ひとりよがりのパフォーマンスにはならないようにと、
聴く人に対する心配りも忘れてはならないだろう。

それでは、聴く側にとってはどうだろう?
そこへわざわざ足を運ぶというからには、
「音楽」を楽しみに行っているはずだ。
それ以上の理由は何もないだろう。
音楽も食事もアルコールも、親しい友との語らいも、
音楽を共有する場にあっては、脇役であっていいはずだ。
クラシックコンサートのように行儀良くなんて思わない。
あるいは、30年前のジャズ喫茶のように、
訳知り顔で音楽に寄り添ってほしいとも思わない。
ましてや、演奏者に対しての心配りが欲しいとも言わない。
せめて、その場に居合わせた人たちに対する心配り。
それが必要なのだ。

演奏側の技量を口にする人もいるだろう。
でも、それが全ての解ではない。
小さいステージだもの。
そこに立ってみればわかる。
音楽を楽しみに来ている人と、そうでもない人。
間違いなく存在している。
そんなことも見抜けないような度胸では、人前で歌なんて唄ってられない。
演じる側の「心配り」のためには、そんな眼力だって必要なのだ。


正直に言えば、
あの夜唄っていた僕としては
聴いてない人がいるなんてことは、これまでにもよくあったことだし、
時おりあがる大声もまったく気にならなかった。
それで演奏の集中が切れるようなこともなかった。
いわゆる、想定の範囲だった。
むしろ、その彼らと一緒にテーブルを囲む人の中に、
真剣に僕の演奏を聴いている人が何人か見受けられて、
ちゃんとその人に届いているのかどうか、、そのほうが気がかりだった。

で、この事態が複雑且つ残念なところは、
大声を上げていた人たちが、ふだんは演じる側でもあるってことのようなのだが、、。

まっ、いいか。
いろんな音楽の楽しみがあるってことで、理解させていただこうかなと。


2/25のBAKU's LIFE より

そこで選んだのが「Imagine」。
それも、ほとんどギターの教則本にも出てきそうな単純な
アルペジオで演奏してみた。(それでもミスったけどね・・)
それが、ゆうべの僕のこだわり。
音楽へのこだわり。
聴いてくださっていた皆さんへのメッセージ。
そう思っていただきたい。


今にして思えば、この曲をやって良かったかなと。
究極の弾き語りスタイルを試してみたかったんだ。
究極の名曲を、究極のスタイルで、ウソもハッタリもなしで唄いきる。
全人類的なメッセージを込めた壮大な名曲を、
目の前にいるたった独りの人のために弾き語るようなイメージ。
あたかも、子守唄のように唄いたい。
そう思って僕は選曲した。

懐の深い音楽の魅力を、居合わせた人たちと共有したかったんだ。

寂しい話は、もうよそう。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
無題
わしは、寂しい気持ちになることも必要なのでは、と思います。これは、自分に対して。
兄上の演奏に関して、寂しい気持ちにはなりませぬが、わし的には「ひとりよがり」があったことは否めませぬ。あくまで、自分に対して。
全く感覚の違うお客様が、兄上の演奏を聴きに来たのではなく、他の目的で来た場合、「兄上にとって寂しい事態」になってしまうことも考えられなくはないこと、と思えます。
兄上が、「もうよそう」と、おっさっているのに、わしは何を蒸し返しているのでせう。
ただ、いろんな感覚の人がいる、ということを思えば、越後屋の「ひとりよがり」な演奏も“あり”になるのだ、と。
兄上を「寂しく」させた人と、わしは決して共感しない。むしろ、反感を抱く。
兄上が「寂しい」思いをして欲しくない、それだけなのです。
2006/12/28(Thu)00:15:54 編集
失礼しました
結局のところ、「ルルルまんまる」も、「Imagine」も、その思いは理解できなかった。と言うことですね。

彼らにも、自分にも・・・
O・G 2006/12/28(Thu)11:36:50 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.