忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のネタで、ティモシー・Bの音源をさがしていたところ、
イーグルスの最新アルバムに入っている、いかにも彼っぽい
雰囲気の曲「I' don't want to hear anymore」を見つけた。
(彼の書き下ろしではないらしいが)

このアレンジ、再結成する以前のイーグルス、
その後期のある意味典型的なアレンジ。

僕は大好きです。
このテンポ、シンプルでセンチメンタルなメロディー。
コードネームでいえば、9th とsus4の使い方が肝。
カラダに染み付いてるかも。

それと、
曲の構成が、いかにも洋楽なところ。
まず邦楽では聴かれない、、
少なくとも、シングルにはならないパターン。

何がって、、サビの部分をリードボーカルが歌わない、ってとこ。
ぃゃ、歌ってもいいんだろうけど、、
彼は歌わない。

日本の場合、サビはリードボールが自分の最高音を
声を張り上げて歌い、且つ感情表現の極みがそこにある、
っていうのが定番なものでして。

『ああ、、洋楽だなぁ・・』と感じ入ってしまうわけであります。
サビというより、いわゆる「リフ」ですな。

ちなみに、昔っから曲づくりに関しては、洋楽志向の強い僕としては
BAKUJINで歌っている「Good bye Music」と「甘い予感」が
この作りをイメージしています。
どちらも、30年ほど前に作った曲・・・(恥)

「甘い予感」なんか、、まさにこのアレンジを真似たら
いい感じに仕上がるかも。

それでは、ご覧くださいませ。
2分も観れば、サビを歌っていない、、の意味が
お分かりいただけると思います。

■ティモシー・B・シュミット『I don't want to hear anymore』







PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.