忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月に書いた「ひとりごと(1)」の続編です。

>10代の頃、
>  (中略)
>今日より明日、的なステップアップ感もあったな。
>オマエ、、また明日な!って気になったじゃない?
>歌って楽しかったこと、
>そのイメージを次につなげたいっていう。
>バンド活動の原点はそこだなって、思うのだな。

というのが前回の締めくくりの部分。


何年か前に行った木場ストックでのこと、
50代のメンバーを中心とした70年代ロックのカバーバンドが、
ものすごくいい雰囲気で、僕はすっかり聞惚れてしまったのですが、
そのリーダーがMCでこんなことを言っていた。
「僕らは月に1-2度のスタジオ練習をしながら、定期ライブをしています。
 今日はこの木場ストックに出演できて本当に幸せです。」
この言葉に僕は、
『それが本当だよなぁ・・・』と、納得させられたものでした。
おそらく、こういうバンドメンバーって、
練習自体が楽しくて仕方がないんだと思うんですね。
各メンバーが日頃の練習を欠かさず、
バンド練習では全体の流れや構成の確認、そしてバンドの音を作り上げる。
そして、その集大成がライブ。

そんな状況が想像できるわけです。
それを思うと、、
ソロは別とてして、当時、バンド練習のほうはお寒い限りでして、
そんな状況にガッカリしてしまうという。。。

そこで得たフツーの結論。
まずは、自分のステップアップ。
深く自分の音を追求するもよし。
新たなジャンルに挑戦するもよし。
それがバンドとしての底上げ、成長になるはず。
(当たり前のこと、、ですけど)


というわけで、
ここ一年余、さしずめ僕は自分のステップアップ中。

従って、以前に比べてライブが極端に少ない。
誤解を恐れずに言ってしまえば
ライブに出る時間があるなら練習していたい、、ぐらいの気分。
自分の進歩を実感したい。
練習でできないことが、ライブでできるはずない。
できないことを抱えたまんまライブに出ても、
何もアピールできないに決まってる。

そこいらが僕の中で解決されない限り、
今のペースが続くだろうな・・・。




そういう意味で言えば、
今年のクリスマスライブでのBAKUJINは、
練習も順調だし、新味のある内容・構成になるはずだし、
ひと味もふた味も違う僕らをお見せできると思いますよ。

その件はまたいずれ。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.