忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、3本目の更新です。

BAKUJINに、まんぼうがキーボードで加入したのが2年以上前のこと。
で、すぐさま僕は、アコギからエレキに持ち替えることもあるかなと、
試行錯誤を始めたわけなんだけど。

当時からずっと頭の中にあった音が、日本のフォークソングが、
ニューミュージックと呼ばれるようになった時期の、ユーミンや
ハイファイセットらのバックで鳴っていた音なんですね。
ただ、それは記憶の中の音であって、当時のライブ音源を
持っているわけでもない僕には、あれがハコモノギターの音、
という以外には、そこへ辿り着くだけの知識も経験もなかったのです。
まぁそのハコモノというのも、実際のところは分からなかったのですが、
ただ、あの頃のニューミュージックのバッキングって、
やけにジャズっぽいアレンジのものが多かったですし。

そしてらアナタ、、(←誰だ?)
YouTubeで見つけました。

僕の頭の中にあった音は、故大村賢司さんのそれであったようです。




潤子さんは、普通にアコギを弾いているだけなのに、
見事なまでにジャジーで大人なバッキングですね。
曲の世界に溶け込んでいるよね。
これにローズで色付けして、ブラシが入ったら、もう完璧。

ニューミュージックでもないし、ジャズでもない。
良質で高質なポップミュージック、としか言えない。

これだよこれ!
これくらいクール&スムースなサウンドを出したいのですよ。

ふぅむ、、、Byrdlandかぁ、、、ため息もれちゃうねぇ。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
無題
この映像、知ってました。
僕も、このアレンジ大好きです。
まんぼう 2009/10/31(Sat)23:28:09 編集
やっぱり?
好きでした?

こういうアレンジの場合、ベースの比重がかなり大きいって感じ、、
しますよねぇ。

ついつい音を分解して聴いてしまいます。
筆者 2009/11/01(Sun)19:41:59 編集
カツゼツ
「T」「K」「S」
ワタシは上手に発音が出来ないので、
こんなにハッキリと聴きやすく歌えるのってうらやましいです。
もちろん、訓練しているんでしょうしプロですけどw

ギターもいいけど、お歌もね♪♪
karko URL 2009/11/02(Mon)08:41:01 編集
そうそう
潤子さんの歌はいつ聴いても素敵です。

>ギターもいいけど、お歌もね♪♪

密かに特訓中、、かな?? > karkoちゃん
筆者 2009/11/02(Mon)12:56:24 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.