忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひと月ほど前に拙ブログで紹介した若いミュージシャン
九州で活動している伊藤クンというんだけど、
どうやら大手音楽事務所と契約したらしいです。
正直、可能性は感じるものの、現時点でそこまでのミュージシャンか
といえば、映像の範囲では僕らには未知数ですけどね、
そこは若さだったり、実際のパフォーマンスが醸し出す
オーラみたいなもんがあるんでしょうね。
世間(音楽事務所)が放っておかなかったわけです。
頑張ってほしいもんです。




My Favoritesシリーズ、今回はコーラス編です。
今回貼り付けたのは、ジャズコーラスグループの
第一人者Manhattan Transfer(以下、マントラ)。
実は僕はこの種のコーラスグループ、、かつてはあまり
好きじゃなかったんです。
タツローのやってたドゥワップ系とか、
シンガーズ&リミテッドのア・カペラとかも、、苦手でした。
端的に言えば、コーラスのためのコーラス、、みたいな作りが
好みじゃなかった。(実は今もあまり得意じゃない・・・)
あくまでバンドサウンドの中に溶け込んでいるコーラスに
魅力を感じていたのです。

きっかけは20代中頃になって、
JINTAが「マントラをやろう」って言って持ってきたテープ?でした。
(記憶が曖昧・・・)
で、その曲が下の「NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE 」
彼らのア・カペラ曲でした。
無謀です。あまりに無謀な挑戦です。
こんな難曲、、よくもやる気になったもんだ・・。

でも当時の僕は凄かった(^^ゞ
この難曲のコーラスの音取りをして、譜面に起したのでした。
今、そんな熱意はありません(キッパリ)

でも、その音取りの経験は、間違いなく僕のスキルのひとつに
なっている、、とは思います。

■NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE

なんだかね、この地球防衛軍みたいな衣装。
途中、『これホントにハモッてんの?』って感じる箇所があると
思いますが、、

ハモってないと思います(笑)



■Java Jive

有名な曲ですね。
ハイファイセットも彼らのこのスタイルをカバーしてましたね。

ちなみに、BAKUJINの「ファッショングラビア」という曲は、
この曲のコーラスをイメージして作り始めました。
が、、作ってる途中からイメージが変わってしまいました、、とさ。




■Route66

バックはピアノ1本。
メンバーの歌詞の発音、抑揚、強弱、それらのニュアンス、
全てが完璧にリンクしてますね。
全ての声に意味があるのを感じてもらえると思います。
たぶんこういうのって、音程をつける前に、全員で
朗読するみたいにしてビタっと合わせるんでしょうね。
極端に言えば、4人がお腹から声を出してあわせれば、
音程なんかなくても、ハモったように聴こえるんじゃないかな。
まさに、声が楽器になっている。
個人的には、こういうのがコーラスだと思ってます。
最近流行の「ボイパ」とかは、、、う~ん??って感じで、
あまり認めたくなかったりします。

この映像、、2008年なんですね。
ぃゃぁメンバーみんな、、いい具合に老けたなぁ。
渋い渋いっ。



■まとめ

というわけで、「コーラスです」というなら、
ここ(マントラ)までではないにせよ、、ビタっと歌詞の発音やら
抑揚やらを合わせなくてはダメ!と僕は思うんですね。
それって、テクニックです。
練習で身につけるべきものでしょう。
ちなみに、、僕らBAKUJINにその時間はありません。(汗)
したがって、僕らのコーラスを誉めていただくのは嬉しいのですが、
お言葉を頂戴するたびに面映い気分になってます。

渋いBAKUJINに、なりたいものです。(苦しいオチだこと・・)

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
渋いBAKUJIN ? まだ早いヨ
久しぶりのManhattan Transfer素敵ですネ
懐かしさの中に新しさも感じられたりして
嬉しかったです。BAKUさんありがとう
私こそ渋い男になりたいものです 一寸、無理?
噺場マスター 2009/09/17(Thu)22:57:35 編集
文句なしに
渋いですよ、マスター!
その渋さの秘訣、、、あやかりたい蚊や吊りたい

また遊びに行きますね♪

筆者 2009/09/18(Fri)13:11:52 編集
マントラ大好き
ナイチンゲールは、酷い時は、半音近く落ちますです。ライブではいつもハラハラドキドキで観てました。軌道修正のテクみたいなものがまたあるようで。。。
「地球防衛軍」の格好は、トワイライトゾーンの衣装だったかな。そのあとのアンコールでの流れだったと記憶しています。はい。

「こんな難曲、、よくもやる気になったもんだ・・。」とはいえ、当時のあなたはかなりノリノリだったような記憶がありますよ。
いずれにしろ音取りのスキルになったのは大きな財産だね(笑)


JIN 2009/09/19(Sat)13:06:21 編集
JINさま
>マントラ大好き

知ってます(^^ゞ

>当時のあなたはかなりノリノリだったような記憶がありますよ。

「ハモリ魂」に火をつけられたのでしょう。
まだ老眼じゃなかったから、譜面書くのも苦じゃなかったし・・・
(ほっとけ!!)
筆者 2009/09/19(Sat)13:42:55 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.