忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5/24(日)「シニア・バンド・フェスティバル in CHIBA」へ、
ロッキー&まんぼうのメタボリカルパレードのサポートギタリスト
として参加した。
午前中は「スタジオまんぼう」へ集合。
スタジオにはメタパレのメンバーのほか、ロキまんらが
サポートするハワイアンバンド「混合ワクチン」さんらも集合。
ふたバンドが時間を分けて、仲良くリハーサルだ。



会場となる千葉市生涯学習センターに行って驚いた。
千葉市って、、お金持ちなんだねぇ~!、、な感想。
写真はエントランスホール。
で、実際のコンサートホールの作りがこれまた立派。
我が町の某市生涯学習センターのホールとは大違い、、
まっそれはいいか。
予定では、会場でリハがあると聞いていたのだが、実際はなし。
楽屋で「リハはいつだ?昼飯どうする?」ってソワソワしているうちに
コンサートはスタート。
『あれれぇぇ~!?』てなもんである。



上の写真は「混合ワクチン」さん。
ジャンル的にはハワイアンなのだが、ジャズのスタンダードも
レパートリーにあったりして、リラックス&癒しのムード。
個人的にウクレレブームな事もあり、リハーサルそして本番と、
耳をダンボにして聴かせていただいた。
いいなぁ♪ハワイアン。
すっごく音に品がある。

というワケで、リハなしにあっという間に我らの本番。
僕以外のメンバーは既にこのバンドに何らかの形で参加している
ミュージシャンばかり・・。
せめて、足を引っ張らないようにしなくっちゃ。
今回の僕はエレキで参加。
そもそもギタリストとして呼んでくれる事に感謝しなくっちゃな。
ストラトのストラップをふだんより長めにぶら下げ舞台へ。
(自信ないわりに、見た目重視だったりする・・)

舞台へ立って気がついた。
『ホールでの演奏って久しぶりじゃん。』
ライブハウスでもなけりゃ野外でもない。
せめて一回ぐらい音出ししたかったなぁ・・・、
なんていう不安は見事に的中。
一曲目は、最後までバランスが分からなくて、自分で何を
やっているのかが分からないうちに終わってしまった。
とにかく、演奏を始めたら自分のギターと横のドラムの生音、
ロッキーのギター&ボーカルしか聴こえないんだもの。
もぉ2曲目からは開き直りの境地。
が、それもラストの曲のほうで、ロッキーのギターがトラブッて
しまった時点でアウト。
表現は適切ではないけれど、なんか、、素っ裸でエレキを弾いて
いるような頼りなさ、落ち着きの無さと格闘しているうちに
ライブが終了してしまった感じ。

1.青葉城恋歌
2.勝手にしやがれ
3.時の過ぎ行くままに
4.カサブランカダンディ
5.銀河鉄道999

以上、メタパレお馴染みのレパートリー。
でも、、全編でエレキを、しかもボーカルなしで通すっていう事は
全くの初めての経験だったので、こいつはこいつで楽しかった。
ひとことに「音楽」「ライブ」とは言っても、
日頃僕らがやっているBAKUJINのそれともソロのそれとも
全く別物の音楽を奏でている印象。そして、その手応え。
ジャンルの話じゃなくてね、、
ギターを弾くという現象は一緒でも、アンサンブルに気持ちの
多くが行っているので、使ってる脳神経が全く違うような、
そんな感じを持った。
分かり易く言えば、小学校の音楽授業。
自宅で縦笛を練習して、あくる日の音楽の授業でみんなと一斉に
音出しをして、そこで初めて曲の全体像が掴めて感激したあの頃、
のような。

終了後は例によってヘロヘロ。
僕が400m走を2本ぐらい走ったかのような疲労感なのに対して
他のメンバーは、誰もがケロっとした表情。
せいぜい50m走1本程度か?

あ、、そっかあ、この疲れ。空腹のせいか。

メタパレの御二人様、
この度は、このような機会を与えていただき誠に有難う御座いました。
プロのギタリストには無い味が出たでしょう??なんつって。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
楽しかったです
ご一緒できて、心から嬉しかったです。
急なオファーでしたのに、ここまで演奏を仕上げてくださったBAKUさんには、ただひたすら感謝しています。
今後とも、よろしくお願いいたします。
主催者が慣れていないためか、準備の関係上リハも無く驚きましたが、ま、仕方がないですね。手作りイベントのようでしたので…最後のバンドも、ちょっと僕にとっては長時間の苦痛?でした。おっと、これはオフレコです。
まんぼう@感謝感激です! 2009/05/25(Mon)21:39:01 編集
オフレコ・・・
お疲れさまでした。
イベント終盤は、ユルさの極地でしたね
気になったことは"ユルさ"よりも、イベントとしての一体感の無さかな・・。
早々に帰ってしまった人もいたように見えたし。

次はBAKUJINも頼んだぞぉぉっ!!> 御二人
筆者 2009/05/26(Tue)11:19:04 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.