忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



写真は『源右衛門祭』直前練習のときのもの。(まんぼう撮影)
川沿いに走る遊歩道脇で歌っていた。
こういう状況では、キーボードのまんぼうは
演奏に加わるワケにも行かないのが難点、難点、ぁぁ難点。

すぐ傍らにはコスモス畑が広がっていて、気分良いことこの上なし。
さらに気分が良かったのは、何人かの通りすがりの人が、
僕らの演奏に足をとめ、そして耳を傾け拍手までしてくれたこと。
ぃゃ、、手前味噌で申し訳ないが、
こういう完全"ナマ"での僕らの音は、
ギターといい歌声といい、実際自分らでも
「気持いいなぁ~」って思いながら演っているのだな。

ところで、先日の当ブログに書いた

>今までの僕らに足りなかったものが増えたかわりに、
>逆に僕らの持っていた個性が薄くなってしまったような。

このくだり、後ろ向きな発言に取られても困るので、
ちょっとばかり補足説明。

従来のBAKUJINサウンドの作りは、極論してしまえば
ボーカル&ハーモニーにアコギをどう絡めるか、
みたいな部分のアレンジが最大ポイントであって、
歌に神経を使わざるを得ない関係上、
そこに生まれるバッキングの「間」をどうやって埋めるか?
というところでアレンジを決めていたのですよ。
言い換えれば、少ない音で如何に効果的に聴かせるか?
みたいな感じ、、かな。それが僕らの特徴でもあり、
良さでもあったと思っているワケなのだな。
が、、キーボードが入ったことで、その「間」が
見事に埋まってしまった。
ギターでは決して出せないコード感や、その音色から
イメージさせる空間、広がり感までもがかなり表現できる
状況になってしまった。
となると、、今度はむしろ、、
埋まってしまった「間」を意識的に作り出すことも
必要になってきたなと。

と、、まぁそんな感じなんだな。


たとえて言うならば、
スッピンでもそれなりに好みで愛くるしかった少女が、
就職を機に、ある日突然、
きっちりと化粧をしたがために、こちらはうろたえてるぅ~!!
口紅は、そんなに赤くなくていいよぉ~!!
ボクも少しはオトナになるから置いて行かないでぇ~!!

みたいな。

ぅぅ、、
思わぬところで、自分の音楽観と女性観を
さらけ出してしまったかな・・・。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
写真ができました。
「別館・ばなな便り」に
源右衛門ライブの写真を33枚載せました。
こちらからどうぞ↓
http://reibanana.exblog.jp/6747304

感想は、すごく時間がかかりそうです。
冷凍バナナ 2007/11/06(Tue)20:13:08 編集
できましたね・・
ぃゃぁ、、ライブ前にいろいろ撮影ポイントを研究していただけの
ことはありましたねぇ!
いつもありがとうございます。

>感想は、すごく時間がかかりそうです。

すごく"気を使って"書いて下さる、、
というコトですよね?
どうぞお手柔らかに、、、
筆者 2007/11/06(Tue)22:38:19 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.