忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日のクリスマスライブ、5曲目の「LOVE COLLECTION」までは、
まんぼうさんを除く、5人での演奏だった。
ちなみに「LOVE・・・」は、6人バージョンであれば、
後半にキーボードのソロパートが8小節×3回で
24小節ほどある。
でも、、今回はこの部分をギターの僕ひとりでやったわけだから、
前奏・間奏も含めると、その2倍の48小節ぐらいは、ギターソロが
存在したことになる。そのほか、歌の合間にもアドリブが入るし、
さらに、僕はリードボーカルだし、、、っていうんで、その忙しさったら
もう大変な騒ぎなのだ。
しかも、アコギだし。
もう、、一瞬も気を抜けない。
僕がCharみたいなギタリストならともかく、、
普通、、こんなアレンジ、キーボード無しじゃやらんでしょ?
でも、、やってしまうのがBAKUJINのバンド事情?
もう、その点だけでも誉めてほしいくらいなんだけど(笑)、
誰も誉めてくれない・・・。

アンコールの「穏やかにそしてゆるやかに」。
今回は、ギター1本とピアノ、そしてパーカッションの
シンプルな構成。
そこに、ボーカルとコーラスが絡む。
あまり回数をやったことのない曲だけど、
この曲のイメージからいっても、シンプルなアレンジのほうが、
良さは伝わるかな、と考えてのこと。
ところが、、僕としたことが、最後の最後でコードを間違えて
しまった。肝心なところでミスが出た・・・。クソ・・。
個人的な練習不足か、、といえばそうじゃない。
集中力を欠いたための結果だったと自分では分析。
その瞬間も、僕の頭の中では、歌とギター以外の色んな
ことを思い巡らしている、、と言ったらいいのかな。
とにかく、パフォーマンス以外のことに、思いが及んでいる。
それが事実。
曲のその部分に行くまでの、自分のボーカル。
メンバーのコーラスの出来具合。
ピアノのフレーズ。
それらの微妙な『間』を計っていたりもする。
集中力不足・・・・つまりは、ライブ力の無さだなと。
情けない話だけど、それが現実だ。
ホントにライブは修行だなと、、今回も痛切に感じた。
そんな自分が、今回一番楽しめたのが
7曲目の「All of me」。クラプトンの最近のアルバムに
含まれているバージョンに近いアレンジで演奏した。
リードボーカルは、ふう。
カバーの少ない我らBAKUJINにしては、スッポリと
ハマッた感のある曲に仕上がっていたように思う。

・・・なんて話?独白?はまだいずれ。

ってことで、下に貼り付けたのは、
ホール&オーツの「Kiss on my list」

これ、、ダリル・ホールのTVプログラムなのかな??
Youtubeで、ウィルソン・ピケット→サム&デイブ→
スモーキー・ロビンソン→ダリル・ホールと繋がって、
この動画にたどり着いた。

もともとホール&オーツの楽曲は好きで、80年代は
よく聴いてたものだけど、このアンプラグトっぽい
リラックスしたアレンジは素晴らしいね!
アコギ・エレキ・キーボード。ベース・ドラム、そしてコーラス。
全てが完璧だよ。
だからって言うわけじゃないけれど、
僕がバンドで出したい音って、、まさにこんなイメージ。
アーバンさとブラックさが程よくブレンドされている。

って、、理解してくれる人は少ないんだろうな。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.