忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ケーちん☆100歳記念ライブ」のスペッシャルゲスト(笑)として、
HOTコロッケへ行ってまいりました。

このライブは、ケーちんの結成5周年と、おふたりの年齢を足して
丁度100歳になったことを祝う記念ライブ。
そんな祝賀一色?のライブに出演依頼をいただきましたことを
意気に感じ、我らBAKUMAN、精一杯の演奏をさせてもらいました。

ケーちんの2人は、一部がいつものふたりバージョン。
そして二部が、それぞれがシンガーソングライターとして
都内ライブハウス等で活動する若手ふたりが(つっても30歳前後らしいです)、
パーカッションとピアノでがっちり固める豪華バージョン。
主役ふたりの軽妙な会話はふだんのままに、
そのサウンドは明らかにぶ厚く、緩急に富んだアレンジ。
この夜だけにしておくのは勿体無いバージョンだと正直思えましたよ。
そうそう!オリジナルもいいんだよなぁ!


写真は、HOTコロッケさんからいただいたものです。


バックを務めていたのが、河野さんと村上さん。
リハの時から、僕らの演奏や楽器に興味があるようで、
色々話をさせてもらいました。
終了後にもわざわざ挨拶にみえて、誠に礼儀正しい好青年なふたり。
聞けば、おふたりとも四谷「天窓」等で活動するシンガーソングライター。
本番では、ケーちんのふたりに、さりげなくもほどよくコーラスをつけていた
センスの良さを、僕は聞き逃しませんでしたよ!



L子さん撮影

さて、、BAKUMAN ですが・・・。

評判は予想以上に良かった、、(ホッ)。

終演後「BAKUさん!BAKUMAN良かった!これ、、アリだね。」って声を
たくさんいただきました。

予想通り、スリル満点、と同時に楽しさ満点のパフォーマンスに
なりました。
オリジナルも、ブルースも、クラプトンのカバーも、
一見、ある種計算の上に成り立っている音楽に聴こえるかも知れませんが、
いざ演奏が始まると、明らかに僕とまんぼうさんの「呼吸」ひとつで
アレンジが変わっていくという、即興性に富む内容でした。
なんといっても、まんぼうさんの"懐"の深さあってのこと
なんですけれどね。

それと、BAKUMANはやっぱりひとつのユニット、バンド、なんですね。
僕のソロというバリエーションに、サポートとして単にピアノが
加わった、それだけのことではないのでしょうね。
僕らが、BAKUJINを通して3年間近くを共に過ごしてきたからこそ
表現できた音なのだと思うわけです。

ステージ上で僕が感じていた心地よさを、
きっと聴いていたお客さんにも感じていただけたのではないか、、。
今はそんなことを思っています。

BAKUMAN、、バンド名こそ一考の余地はありそうですけど、
このユニットもいろんな意味で、、、
次に繋がりそうな気がしています。


おいでいただいた皆さん、ありがとうございました!



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
ありがとうございました☆
もぅなんて言ったらいいのやら
楽しい音のスクランブル・・・いや雨あられ・・・いやいや・・・
BAKUMAN(バンド名に一考の余地w)の音は
心地良く脳幹に響きました♪
二人の呼吸も「あ・うん」なのか
しきりにまんぼうさんが取りたがってた「アイ・コンタクト」のたまものかw
素敵な二重奏でしたよ。
また ご一緒しましょう!!

余談ですが、サポートしてくれた河野ともゆきさん、
島村楽器の「2010録れコン」で
総合グランプリ受賞の知らせが・・・
こちらで聴いてみてください。
アッシも好きな曲です。
http://www.shimamura.co.jp/torecon/2010/awards.html
ちんす・・ 2010/05/01(Sat)03:24:28 編集
ありがとうございました!その2
どうもありがとうございましたっ!
BAKUMAN(仮称)、うん、かっこ良かったです!

2人、というのは演奏中でも
いろいろ出来るのがスリリングだし
それこそが醍醐味でもあり。

BAKUMAN(仮称)の「次」を期待しています。

そして、若手二人もお褒め頂き感謝です。
そうなんです、彼らのセンスの良さに
惚れてサポートお願いしたという次第で。

スペシャルな一夜を過ごすことができました。

ほんとにありがとうございました。
ケーシン 2010/05/01(Sat)12:21:55 編集
ありがとうございました♪
こちらこそ有難う御座いました。
ケーちんのスペシャルな夜に、
演奏の機会をいただいて本当に良かったです。
150歳、、ぐらいまでは続けてくれますよね?> ケーちん

河野さん、村上さんとも、本当に好感のもてる
素晴らしいミュージシャンでしたね。
My Spaceもお持ちということでしたので、今度じっくり
聴かせていただくつもりです。

筆者 2010/05/01(Sat)14:41:04 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.