忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/18「選曲秘話」に書いたこと。

>ところで、放送中のこと、
>えーちゃんの質問「BAKUさんにとって音楽とは?」と訊かれて、
>僕は、「○○○○」と答えました。
>我ながらベストアンサーだと思ってます。

僕は「現実逃避」と答えたのでした。
本当はもう少しスマートにカッコ良く、
例えば「出会いだね。」とか答えても良かったんだけど、
自分と音楽の関わり方をじっくり考えてみると、
まさに現実逃避かな、って最近思えるんですね。
それはギターを始めた頃のことを考えればすぐに分かるわけでして、
暗い?受験期に気持ちの拠り所にあったのが音楽であり、ギターで
あったことを思い出せば、その自分を追い込んでいた受験や勉強と
いう存在を、今の自分の仕事や社会との関わりというものに
置き換えれば、あの頃とちっとも変わっていないことに気づくわけで、
きっと誰もが納得できることなんじゃないでしょうかね。

ましてや、今僕が好んで取り上げている曲の多くは、
恋愛の歌だったり、過ぎてしまった青春の歌だったり、
もうとっくに自分の中では解決してしまった人生の悩みや不安であったり
するものが多いわけで、決して「現実」の世界やリアルな感情と重なるものでは
ない場合が多いんですね。

でも、それを好んで歌っているんです。
つまりそれは、歌っている瞬間は、自分であって自分じゃぁない。
自己の表現ではあるけれど、自分は本来その世界にいる人間じゃない。
自分はそのイメージする世界に身を置かせてもらっているだけ。

ぁ、、なんかとっても理屈っぽい。

ここで哲学してどーする、自分??


がしかし、
そうやって現実を逃避できるだけ僕らはまだ救われているなと。
ある日突然、厳しい現実は誰にでも襲い掛かってくるわけで、
そのとき誰もが音楽を続ける「余裕」など見失ってしまう事も多いはずで、
実際、現代の社会状況をみてみれば、如何にまだ僕らは恵まれているなと、
そう思ってしまうんですね。


うん、
そう考えれば、先日のクリスマスライブの僕の欠席も、
逃れられない現実のため、、
そういうことに他ならないわけなのでありましょう。

次回エントリーは、今年の「現実逃避」を
振り返ってみましょうかね??




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.