忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003

Photo by OG

9/12のHOTコロッケでのライブに続き、20日のトレセッテでも335を使った。

その335本来のポテンシャルから言えば、僕の腕なんて
まだまだ使いこなせていないのは誰が見ても明らかだ。
実は、そんな理由もあって、というか負い目みたいな心理が働いて、
ずっと335をライブ本番に使用することを躊躇っていた。

Fu's all timeでは何度かスタジオを借りて練習した。
それにより結果的に、Epiphoneとこの335の音を聴き比べた訳なのだが、
僕は勿論のこと、相棒のFUまでもが335の音を絶賛していた。
またある日は、スタジオ内のギターアンプを変えて音を出すと、
アンプによってかなり聴こえ方が違うことが話題になったりもした。

そしてライブ当日、第一部が終わって控室に戻ると、
TAKUさんが、
「BAKUさん、低音がちょっと物足りないねぇ・・」とおっしゃる。
『ぁ、、やっぱりそう感じました?』という感じで、一瞬焦った。
本番前に少し絞っていたから、、無理からぬ指摘だった。
そのTAKUさんは、シンガーである故に、いかに自分のボーカルを
聴かせるか、、マイク選びほか、音質に関しては並々ならぬ
拘りがあるようだった。

なおもハーフタイム中のこと、T・佐野さんが、
「軽くクランチ気味にしても面白いんじゃないかな?」と言う。
「ぅん、、家では試してみたんだけど、、本番ではその勇気が
なかったんだよね」と答えた。
ご存知の方も多いように、佐野さんのギターに対する造詣は深く、
それぞれの楽器の特性を熟知している。
僕の奏法についても知り尽くしているところがあり、
だからこそのアドバイスなわけである。

で、当の本人なのだが、、、。

そのあたりについては、至ってボンヤリとしている。
一瞬、気になることもあるのだが、結局は、
『ま、こんなもんかな』で、済ませることが多いので、
自分の音が見つからないでいる。

エレクトリックはアコースティックと違って、
音作りの幅が格段に広いし、少しずつだけどその面白さにも
気がつき始めている自分なんだけど、、やっぱりどこか、
ボンヤリとしている。

とりあえず、「弾く」のにストレスなく音が出れば、
多少の音の違いが全く気にならなくなってしまう自分。

この先も、ずっとこのままで済むとは思えないけれど、
耳が悪すぎるのか、性格的に無頓着なせいなのか、、、。

そんなワケで、周囲の有識者(笑)皆さんには、
今後とも適切なアドバイスをお願いするものであります。
(・・・そう来たかぁっ・・)

因みに、先ごろ発売されたビートルズのリマスター盤CDも、
『ビートルズはビートルズじゃんょぉぉ』っていう意識でしかなく、
全く興味の湧いてこないワタシ、、なのであります。

根本はそのあたりかなぁ。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
口が足りない?
赤白のワインを前にしているのはやっぱり私?
えぇ~っと、”クランチ気味って申しましてもJAZZの場合はフロント・ト-ンを絞って!”って事でしたが、酔ってて上手く言えませんでした。
申し訳ない・・・。
ところで、確かあのCASINOは多分、おGが具合調整に私に見せて私が持って帰るはずだったんですが、突然自分のLiveで使って、なんで自分のモノの様にそのまま持って帰るかと・・・?(笑)
タイガ-佐野 2009/09/29(Tue)19:42:15 編集
ご、誤解だっ!
へ?
持って帰ってないですよ・・・。

持ち帰りたかったけど・・・
筆者 2009/09/29(Tue)23:55:14 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.