忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ここ数年恒例となった「小田和正・クリスマスの約束」、
遅い時間帯だったので、途中の一時間ほどを観た。
(もちろんHDRには録ったけど)
そこで感じたいくつかを。

■なんといっても小田さんのあの声。
まさに声というより楽器だ。
小田さんが会場に降りてお客さんにマイクを向ける場面が
あったけど、素人さんの声と比べるのも無茶かも知れないが、
音程とか巧さとかではなくて、
その声そのものに世界があるというか、力に溢れているというか、
「透明感があって美しい声」なんて言い方では表現しきれない声
だと思う。
たまに小田さんのそっくりボイスのミュージシャンも
いるにはいるが、、あの声とは根本的に違う。
いくら少年のようなハイトーンボイスが出たとしても
それは似て非なるものだと思う。
たとえばそれは、
『 終わるはずのない・・・♪』とたった一小節を歌った瞬間に
辺りの空気を変えてしまう、まさにプロの仕事なのだから。

■小田さんの弾いていたMartin・・。あれはデビュー間もない頃に
使用していたD-41だろうか??だとして、そんなヴィンテージに
PUを仕込んだりするのだろうか???

■佐橋氏の使用していたエレガット。おそらくK.ヤイリのCEシリーズ
だとは思うのだが、、CE-2? CE-3? そこが気になって仕方ない。

■演出だとは思うけれど、ヤンチャで毒のある小田さんを強調するのも
程々にしないとね。・・・少し引いたな。

■コンサート会場のお客さんの顔をアップで抜くのは構わないけど、
いかにも仕込みましたって感じの美人さんばかり映すのは、
程々にしないとね。・・・かなり引いたな。




今夜はBAKUJINの忘年会。
とはいえ、課題曲のCD音源や楽譜の交換会でもあったりする。
写真の楽譜は僕が27-8歳頃、カセット音源を頼りに採譜して
書き上げたもの。
英語詞・混声四部・テンションコードばりばり。
今見ると自分のやっていた事が「気持ち悪い」くらいに緻密だ。
当時の僕は、こんなことをコツコツと時間をかけてやっていたらしい。
ちなみにこの手の楽譜ノートが三冊もある・・・。
相方曰く、
「ほかに楽しみがなかったのね・・」
たしかに・・・。

中には、あのマンハッタントランスファーのア・カペラ
「ナイチンゲール・・・」とか「フォーリンアフェア」とか、、。
ヤマタツの「オンザストリートコーナー」とか。
そのほかスタレビ、オフコース、
ヒューイ・ルース&ザ・ニュース、イーグルス、、etc。

「ファッション・グラビア」の4声バージョンアレンジの
スコアもあったりして・・・。


  ぅぅむ、、こんなにコーラスが好きだったのか、、自分っ。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.