忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



■前回まで

みんな長い時間をかけてそれらの音楽に向き合い、
今も腕を磨いて、、みたいな人のなんと多いこと!っていう、、
そこに気がついてしまったんですよ。




そう、気がついたんですよ。

自分がギターや歌を始めた頃の気持ちを思い出したんですね。
ラジオやレコードで聴いていたお気に入りの曲を、
時間をかけてコピーしたり、歌の練習をしたりというね。
一曲全部じゃなくても良かった。ワンフレーズだけでも
コピーできた時の嬉しさは、本当に大きかったんです。
なんか、自分以外のミュージシャンがみんな、
今もその喜びの中で音楽を続けられているような、、
そんな気がしたのですよ。
そんな姿がとっても羨ましくて。
僕はといえば、
10代の後半にギターミュージックに出会い、
フォークが好き、ロックが好き、フュージョンが好き、
ブルースが好き、と思い続けている割りには、そのどれに対しても
入口をかじっただけで安心してしまっているような、、。
歌えるから、ハモれるから、曲を書けるからと、
そちらへシフトしっぱなしのままで、
バランスを欠いた活動を続けているような、
そんな気がしているのです。
それに、いつかは声が出なくなって、思うように歌えなくなる時がくる、
と想像すると、いつかはバンドで歌モノのライブをやることが
ままならなくなる時も想定できるわけでね、
そこへ行くと、ギター(楽器全般として)を弾くという趣味は、
これから先も長く続けて行けば行くほど、、
というより努力の問題なんだろうけれど、
上達への道が開かれているような、そんな気がするんですね。
まぁ、早い話が、、
爺さんになって、出ない声で、
「キミのことが忘れられないよ~♪」って歌っているより、
渋くブルースやジャズ、もちろんフォークでもいいんだけど、
ヴィンテージなギターを爪弾いている自分のほうが、
イメージしやすいし、実際そうなりたいなと、
思うんですね。

こんなにギターが好きなのに、それにのめり込めない自分。
かたやギターが好きで好きで、今もずっとのめり込んだままの連中を
現実にライブやセッションで目の当たりにすると、
それは羨ましさだったり悔しさだったり、、なんか複雑な感情を
抱いてしまう自分なのですよ。

要は、突き詰めている人たちの姿に憧れてしまう自分がいるのですね。

そんなこと、声が出なくなってから考えればいいじゃん?
と言えなくもないんだけど・・・。


さらに つづくでしょうなぁ 。

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
ふむふむ
今は今で、
楽しんでいる自分もいいんじゃないんでしょうかね。
積み重ねで得るモノもあるんだろうし、、、さ。
用は、続けることが大切なのかもしれない・・・

と思う、キョウコノゴロ。。。

あ、練習しなきゃ♪
karko 2008/12/13(Sat)22:25:58 編集
ぅんだからね、、

 まだ つづきがあるのさ・・・。

 練習練習♪♪
筆者 2008/12/15(Mon)23:03:34 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.