忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ギターの話、まとめます。


「コンパクトなBAKUJIN、、って言っても
所詮やってる曲は、いつもの曲なんだし、、」

みたいなことを某メンバーとこの前話したっけ・・。
オリジナルばかりやっていて、聴いているお客さんへの
訴求力はどうなんだと?

ま、たしかにそうなんだけどね。
でもだったら、ビートルズだベンチャーズだキャロルだと
完全コピーをやっている皆さんはどうなのよ?って
言いたくなるよな。
毎回おなじことやってて、やる方聴く方、、飽きない?
ぃゃ、、事の善し悪しじゃなくてね、、
プレイヤーとしてのモチベーションの問題もそこにはあるわけ。
少なくともやる方は、たぶん飽きるどころかますます深みに
はまっているからこそ続けられるんだと思う。



上の写真は、先日の横浜ライブのとき、僕の手元のアップ。
撮影は、OG。(いつもありがとう!)
ひと頃の僕は、ガットギターをピックで弾くのが楽しかったんだけど、
最近は、親指でリードギターを弾くことが多くなった。
音の微妙なニュアンスが出しやすいのが第一の理由。
それと、プロの世界にも目からウロコの、、
親指奏法のミュージシャンがいて、
ちょっとしたチャレンジ気分もあったりして。
そう、、そんなチャレンジ気分がライブごとに味わえるから
やってる本人は楽しいんだよね。
同じ曲をやっていても、同じ演奏はただの一度もしたことはない。
そこが自分にとっての大きな喜び。

ところで、
一部のマニアな人は気にしているかも知れないので、、
最近購入したギターの話。



まず迷ったのが、購入するギターをフルアコにするか
エレガットにするか。
普通は、まず欲しいと思う楽器があってから悩むんだけど、
僕の場合、あくまでライブでの必要性を考えるから。
さらに迷ったのが、置き場所の問題もあるし、
そうそう本数ばかり増えても、弾く機会がないと、
ギターにとっても良くないしということで、
やっぱり、買うからには減らすことも考えないと・・・。
という訳で、上の写真のどっちを売るか??

それら多角的に?検討した結果が、下のギター。
(どこをどう考え、どう結論づけたかはここに
書くのが面倒なので割愛・・)



モデル名は、E社 ES-930J。
で、こいつは前にも書いたように、90年の日本製。
モデル名で検索すれば、少ないながらも情報は得られると思います。
JというバンドのJという人のシグネチヤーモデルらしい。
本家のGブソンには、「SORRENT」というルックスのよく似た
モデルもあるんだけど、内容は別物だとか。
作りはなかなかシッカリしているし、
で、こいつは18年経っているわりには見た目にキレイ。
ペグやその他、、若干の改造箇所があるけど、
値段のわりにまずまずのプレイヤーズコンディション。
仕様的には、シングルカッタウェイのCASINO?
これなら気軽に色んなシチュエーションで使えそう。
家でも、すぐさま手にとって弾く気になれそうだし。
ま、、ハッキリ言って、見た目のキュートさと手ごろなお値段、
そして国産の二文字があったからの衝動買いな部分は
否めないんだけどね。

で、、ギターはどれを下取りに出したのか・・・。

左のK・ヤイリ RYF-1001です。
ヤイリの音響特性なのか、中低音において、
ライブ時、どう頑張ってもじんたのGブソンに勝てない気が
したんだよなぁ・・・。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.