忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6/8日曜日。
今日はおもいがけなく幾つものバンドのライブに
接することができた。

午後、家族で地元の大型スーパー店へショッピング。
4階駐車場に車を停めると、遠くから生バンドの音と小田さんの歌声。
曲はオフコースの「Yes-No」。
演奏はスーパーの吹抜にあるイベントスペースで行われていた
アマチュアバンドJUNK-TION」(※)のライブだった。



ステージの前へ着いた頃には、2曲目の「ラブストーリー・・」。
このバンド、たしか去年のNHK「バンド自慢?」に出演していた人達だ。
オフコースや小田さんの曲を完コピする実力者である。
小田さんに歌声から話し声、笑い声までそっくりなボーカル氏を
中心に、ドラム、ベース、ギター、キーボードのベーシックな
編成ながら見事に小田ワールドを再現。
パートは少ないがコーラスもバッチリ。
ちなみに、キーボード氏も小田さん的なハイトーンボイスの持ち主で、
この方もリードボーカルを十分にとれる力のある方。
ボトムの感じも正しくオフコースであり、小田ワールドであり、
それはもう素晴らしいのひとこと。
もちろん、テクニック的にも洗練されたものであり。
少ない編成ながら、要所要所を押さえたサウンド。
モニターが今ひとつだったのか、会場の環境で
音が回ってしまっていたせいなのか、バラード系の曲はやりづらそう
だったけど、アンコールを含めて約一時間、
楽しいライブを堪能させてもらった。
ステージ前のスペースから周囲の通路、吹抜部の買い物客、
エスカレーター上の人、、その数は200人余。
周囲のお客さんに目をやると、小田さんのファン層そのままに、
若い世代から60代とお見受けのできる世代まで実に幅広く、
リズムを取っておられる方、一緒に口ずさんでおられる方、
存分に楽しんでおられる様子が微笑ましく感じられた。

僕もかつて二人時代のオフコースをコピーしていた時期もあり、
スタイルこそ違うが今もライブ活動を続けている者としては、
いわゆる完コピというスタイルには、いささか懐疑的だったり、
意識して避けているところもあるのだが、
ここまで「できてしまう」JUNK-TIONさんの姿は、
素直に素晴らしいと思えた。
さらに言ってしまえば、こうしてすんなりと
聴く者の心に届き、そして受け入れられている様子は、
本当に羨ましく感じたし、
これはこれで、アリだなと、、そう強く感じた。

(※)HPを見つけたのでリンクしておきました。

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.