忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2001年に始まった「BAKUJINクリスマスライブ」、
その第7回目が無事終了した。
数日前の記事にも書いたように、
満席の情報は得ていたものの、「顔が見えず」のままに迎えた当日。
ステージ上から拝見するも、結局、2割くらいの方は最後まで
どこのどなたかは分からず。
おそらくは「るあ」関係の方とは想像できるのだが、
それにしては、ライブ中のステージと客席の一体感ときたら、
その「るあ」のステージだろうが、僕らのそれだろうが、
今までにないくらいに絶大なものを感じさせてもらった。

写真はHOTコロッケさんのHPから拝借。(少しだけ加工)
事前に『ひょっとしたら?』という話は伺っていたのだが、
舞台やテレビで有名な中村梅雀さんが、るあ繋がりでご夫婦揃って来店。
早速、ご自身のブログにも、昨夜のことをアップしていらっしゃった。
誠に感激!

さて、
僕らのステージなのだが、
会場の一体感に押されながら、本当に楽しく、
密度の濃いステージングをご披露できたかなと
感じている。
今年のBAKUJINの集大成とでも呼べるような
パフォーマンスにはなったかなと、そう感じている。
僕個人としては、ミスタッチやミストーンは数多く、、
悔やまれる部分もあるにはあるのだが、
「良いイメージ」のまま、最後までステージを終えられたのが
最大の喜び。
この夏に、まんぼうを新メンバーに迎え、
それ以降の地道な練習と、幾度かのライブ経験が、
昨夜のライブにようやく間に合ったかなと、、そんな印象を
持っている。
みんな、、それぞれ頑張ったからな・・。
何度かガチンコで言い合ったりする場面もあったし。

僕らの第二部は、僕がエレキに持ち替えての
エレクトリックセット。
概ね好評→本人満足。

セットリスト
第一部
1.Goodbye Music
2.たんぽぽ
3.あなたはマイペース
4.それが悲しい
5.愛してる
6.穏やかにそして緩やかに
7.Do!Be!
8.ひとりひとりの物語
第二部
1.賛美歌シリーズ
2.Love Collection
3.ファッション・グラビア
4.また来る冬の日
5.避暑地の雨
6.走馬灯
7.You're ミスマッチ
8.甘い予感

最後になってしまったけれど、

今年も「るあ」に共演をお願いした。
昨夜のMCでも話したのだが、
バンドというものは「離合集散」が宿命である。
幸いなことにBAKUJINには、まだ「離散」がない。
僕らがライブ活動を本格化した早い時期に「るあ」と巡り合った。
その「るあ」も、「離散」がない。
両バンドとも、時を経、その経験を土台に、
まずは順調に成長をしてきていると思う。
音楽的には、ジャンルで括れば似たような系列なのだろうが、
そのスタイル、味は全く異なる。
けれど、お互いを意識し、良き仲間であり、時にライバルでもあり、
別々のバンドであるにもかかわらず、
どこか共通の体温を感じている。
そんな彼らに巡り合えたことを本当に感謝している。
彼らがいなければ、今の僕らはいない。
それだけは間違えようのない事実だ。

ちょっと大袈裟かも知れないけれど、
話のレベルが違いすぎるぞ!という圧倒的なご批判もあろうが、、

あの時代にビートルズとストーンズが影響し合えたように、
オフコースと赤い鳥が影響しあえたように、
僕らとるあとの関係性はあるのかなと、
そんな気がしてならないのだ。

長くなったしまった・・・。

ゆうべのライブにお越し下さった皆様、
そしてお店のスタッフ、
出演者、楽曲関係者の皆様、
すべての皆様にお礼を申し上げます。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
感激です!
「ビートルズ」と「ストーンズ」、
「オフコース」と「赤い鳥」など例えがすご過ぎて・・・。

でも嬉しいお言葉です。

私個人として、「Alone Again」は挑戦でした。まだまだ未完成です。何となく「今までやってきた曲やれば良い」という雰囲気が感じられたので、起爆剤になればとこの曲に挑みました。これはこの”クリスマスライブだからこそ”の意識でもあります。

これからもライバルであり、朋友であり、兄弟姉妹弟子として可愛がってやってください。

楽しかった。次回は更に!
おっぴん 2007/12/17(Mon)23:06:57 編集
楽しかったです!
昨日は素敵なライブを見せていただき、ありがとうございました!
ここ1週間、少し前にいただいた BAKUJIN のCDを毎日聴いていたので、知っている曲も多く、とても楽しかったです。
BAKUJIN の演奏では、ところどころで Bryndle っぽさ、CSN っぽさ、Eric Clapton っぽさが垣間見れてにやけてしまいました。
次回はぜひ 『時代の向こうへ』 を聴きたいです(← 密かにリクエストです)!

P.S. あの Neil Young 似の声の持ち主は Rocky さんだったんですね!?
goki 2007/12/17(Mon)23:27:41 編集
ある意味、、
>Bryndle っぽさ、CSN っぽさ、Eric Clapton っぽさが垣間見れてにやけてしまいました

これ、ある意味正しい聴き方です・・。
コピーやカバーだけじゃ満足できないんですよ。
分かる人には分かる、、「通」な聴き方かと。

CDほか、ありがとうございました!
感想等はまたいずれ!
ご来場、ありがとうございました!

>「ビートルズ」と「ストーンズ」、
「オフコース」と「赤い鳥」など例えがすご過ぎて・・・。

たしかにすご過ぎるので、、、
「ずうとるび」と「イモ欽トリオ」にしとこうか?



筆者 2007/12/18(Tue)23:45:05 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.