忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前回の続き、、。

あ、すいません。
大した話ではありません。

当時、ガロのトミーって人は業界の誰に聞いても
「ギターのうまい人」って評判でして、
年齢からいえば、いわゆる団塊世代ぎりぎり。
国内の音楽シーンとすれば、まだエレキとアコギとが
ジャンル的にキッチリと棲み分けされていた時代。
そんな中にあって、トミーはその垣根を飛び越えて
自分の音楽を表現していたように見える。
それは彼のボーカルにも言えて、今聴いてもかなり
ポップな声質で、時おり聞かせる「イエーっ!」なんて
フェイクもすごく自然。
個人的には、そこ、、惚れてました(笑)

で、、
この「青い目のジュディー」、、よく見て欲しいのが、
彼がピックを使わずに弾いているということ。
これ、本家のS・スティルスをリスペクトしているから
こその拘りだろうなと思うわけです。
ちなみに、、同曲を演奏しているミュージシャンの多くは、
当の本人も含めてピックを使用して弾く人がほとんど。
(僕も最近は音量稼ぎたくてピック使用が多くなってる)
でもね、、D-45をかき鳴らし、且つソロプレイもあり、
って技を、しかもスティルスのタッチを再現しようとしたら、
この奏法しかないのですよ。

ま、、最近の叩き系フィンガーピッカーには、
変則チューニングされたギターを
ピックを使わずにテクニカルに弾いてる人も
多いけどね、、それとも違って聞こえる。
フレージングの為ではなく、
あくまで微妙なトーンとかダイナミズムの面で、
この奏法を使用しているように思えるのですな。

と、、思いついたままに、、、。

マニアックな話は研究家にまかせます(^^ゞ




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.