忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ドン・ヘンリーと並び、イーグルスの中心メンバーであった
グレン・フライが18日、亡くなった。
突然の知らせに言葉を失った。
最初、Facebook上の英文を読んでこのニュースを読んだ時、
まさに、我が目を疑った。

過去、何人もの憧れのヒーローの訃報には接していたが、
これほどの悲しみ、喪失感、焦燥感は初めてのことだ。
今日になっても、彼やイーグルスの曲や動画を観ていると、
目が潤んでしまうほどであり、
彼の音楽がこんなにも好きだった自分を再認識しているくらいだ。

僕が初めて聴いたイーグルスは、
間違いなくラジオから流れてきた「Take it easy」。
その瞬間からイーグルスは、
グレンの少し鼻にかかった甘く憂いある声と
完璧なコーラスワークが魅力の、
憧れのバンドとして、
長く長く僕のヒーローとして存在し続けていた。

カントリー、ロック、R&B色の強い曲の数々。
デビュー当時から、ライブパフォーマンスには定評があり、
演奏とコーラスは、当たり前のように高度であり緻密であった。
そもそも、ロックバンドが歌ってハモるというスタイルを、
以降のロックシーンに定着させたのは
彼らの功績であることは疑いがない。
そして、そのスタイルに僕も大きな影響を受けた者のひとり。
自分の作品やバンドを作りあげる過程において、
常にコーラスを意識して作っているのは、
イーグルスのスタイルをお手本にしているからに他ならないのだ。

77年のイーグルスのライブから「Take it easy」
この1曲に、本当にいろんなモノが詰まっている。
あまりに有名な曲だけど、、とてつもなく偉大な1曲だ。



一旦解散したイーグルス。
その直後に発表されたグレンのソロアルバム。
そのオープニングの曲がこの「I Found somebody」
解散時のイーグルスは、その作品群にやや精彩が欠けている
ように感じていたせいか、この1曲は、僕にとっては、
『なんだ、、イーグルスよりイーグルスっぽいアルバムだな』
『そうか、、イーグルスは、グレンそのものなんだ』と
感じさせてくれた1枚、1曲だった。





偉大なイーグルス、
偉大なグレン・フライ。

心から感謝をしています・・・。


どうぞ安らかに。








PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.