忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kumiko

出勤直後の職場、
テレビをつけるとクミコさんが映っていた。
TBS朝の番組「はなまるマーケット」のワンコーナーらしい。
既にインタビューは終盤に差し掛かっていたらしく、
司会の薬丸クンが、
「はい、それでは次のコーナーでは、その歌声を聴かせていただきましょう。」
と言ったから、僕の血圧は一気に上昇した。

CMが明け、そのときが訪れた。
曲は「愛の賛歌」。
日本では越路吹雪や美輪明宏の名唄で知られる同曲。
原曲はフランスのエディト・ピアフ作詞の悲しくも激しい愛の物語の歌だと聞く。
その名曲を、そう、、たかだか2分半だろうか、
女性奏者のエレクトリックピアノ一本をバックにクミコが歌い始めた。

素晴らしいのひとこと。
感激、としか言いようがない。
言葉のひとつひとつに、空気と色を感じるというのだろうか。

唄い終えたあと、薬丸クンが言った。
「鳥肌が立ちました。クミコさんは、一点を見つめて唄って
いらっしゃいましたが、何を思って唄っていらっしゃるんですか?」

クミコ、

「過去に経験した色んなシーン、愛した人のこと、
愛してくれた人のこと、そんな色んなことを思い出しながら
唄っています。そういうこと全てが今の私に唄わせているんです。」

というようなことを言っていた。


だよなぁ・・。
そうだよなぁ・・・。
じゃなきゃこんな風には唄えないよなぁ・・・。
「力の限りあなたを愛する」、、だもんなぁ。
抱きしめる腕の、指先のぬくもり、震えまでが伝わってくるような唄、、だもんなぁ。


朝から、そんなことでウルウルしてしまったワタシ、、
傍目にはかなり気持ち悪いヤツに思えるだろうなぁ。

え?
その前にオマエの職場環境を疑うって?

ま、いいじゃないの。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
羨ましい
あのクミコさんの歌、私も聴きたかったなぁ。彼女の歌っている姿を見ながら
hitomi 2006/11/15(Wed)20:53:43 編集
見て欲しかったです!
時間帯がね、、朝でしたからね。
しょうがないですね。
hitomiさんのようなシンガーには、
ものすごく良い刺激になると思いますよ。
筆者 2006/11/15(Wed)22:57:53 編集
日本語の訳詩
「愛の賛歌」いいですネ。クミコさんの歌いいですネ。昔、映画で「エディット・ピアフの生涯」を見ました。
タイトルは忘れたのですがシャンソンがこんなにも心を打つ音楽であったとは知りませんでした。
「愛の賛歌」を訳詞したのが岩谷時子。この方の名訳によりとても悲しい筈の唄が、おめでたい結婚披露宴でも歌われる様になったとか 
噺場マスター 2006/11/17(Fri)00:19:39 編集
・・・らしいですね。
以前、美輪さんが原曲の内容について語っているのを聞いて、
それまでの曲のイメージ(訳詩の世界)と随分と違うものだなと
感じました。
どちらも素晴らしい世界なのですが、
クミコさんの歌は、そのどちらともイメージが違うように感じます。
2分半の中に、高潔な愛のイメージを凝縮させてしまったような、、。
とにかく、真に迫ってくるんです。

筆者 2006/11/17(Fri)17:32:26 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.