忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと衝撃を受けている。

10日ほど前のこと、
僕はYoutubeでとあるライブハウスの動画を観ていた。
そのハコは都内にあって、出演ミュージシャンは
プロが中心のようだった。
ライブの様子をダイジェストで紹介しているその動画、
中にひとり、『うん?』とやけに心に引っかかる歌声があった。
(プロのステージとはいえ、残念ながら必ずしもピンとくる
ライブばかりではないのが常・・・。)
要は僕の好みだったということでしかないのかも知れないが、
そのシンガーソングライターの歌声は実に大人っぽく、セクシー。
数人のバックとのアンサンブルも見事で僕のツボにドンピシャ。
そのミュージシャンの名は『I』。
敢えて名前は伏せさせていただくが、
過去にはメジャーデビューもしていたらしい。
最近は、全国のライブハウスを回ってCDを売っているとか・・。

興味を持った僕は『I』氏の動画をさらに検索。
すると数多くのライブ動画が出てきた。
生意気言って申し訳ないが、どんなに有名なミュージシャンの
ライブ動画だって、つまらないものはつまらない・・・。
3分も聴いていられない時もある。
でも、、『I』氏の音楽に僕のハートは釘づけ状態に。
ロック、ブルース、ジャズ、ファンク、、
それらを日本語で、渋く、切なく、甘く、
その大人な歌声に乗せて歌い上げる。
どの曲を聴いても、ハズレがない。
僕のツボにビンビン来る。
正直言って、日本のミュージシャンで、ここまで僕の好みに
合う人がいるとは思わなかった。
それはつまり、、イコール、今後の僕の目指したい音楽そのもので
あるわけで、衝撃的な出会いだといえる。
『この人のライブ、、観たい!そして、CDも欲しい!』
そう思った僕は、今度はYoutubeではなく、
『I』氏の情報をウェブで検索してみた。

すると、、、
なんと、、氏は昨年のこと、
既にこの世を去っていた。
享年56歳。

なんてことだ・・・。

今は亡き『I』氏。
その音楽性に、今僕は強い憧れを抱いてしまっている。
氏の作り出した楽曲、バンドでの音作り。
今後の僕の音楽の方向性を示してもらったような、、
そんな気がしている。
『I』氏に受けた衝撃をヒントに変えて・・・。


氏は亡くなる前の年のライブMCでこんなことを言っていた。
「59歳から60歳、、、数年後なんですけどね、、
僕は毎日どこかでライブをやりたい、そう思っているんです。」
残酷なようだが、そうカメラの前で語る氏の動画が
今もこの世界には残っているのだ。

僕にだって、
残された時間は、あるようでないのかも知れないし。

そんなわけで、、
僕の音楽は少し、、色合いが変わりそうな気配。













PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
I氏とは
漢字七文字の Wesな方でしょうか?

たしかに惜しい人を・・・・・
ちんすけ 2014/04/19(Sat)15:20:13 編集
はい

お察しの通り・・・。
詞も曲もアレンジも、
バンドパフォーマンスも、
間違いなく僕の目指しているスタイルの
ひとつの典型です。
真剣にI氏のCDを聴きたいと思っています。
最近まで知らずにいたことを悔やんでいます。



筆者 2014/04/19(Sat)23:23:48 編集
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.