忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

野外ライブは疲れます・・・(笑)
紫外線と風に長時間晒され、、。
PAさんはじめ、イベントスタッフの皆さんは
本当にご苦労も多いかと思います。
ちなみに、僕は翌日の午後あたりからガックリ・・。
とほほ、ではありますが、
それでも近頃はポタリングで鍛えて?いるせいか、
数年前よりはマシになったかなと。



そんな野外ライブの経験もだいぶ多くなったせいで、
現場での心得、そこで起こる不測の事態に備える余裕が
身についてきたように思います。

まず、屋内では座ってやることの多い僕なのですが、
ステージの大きい野外ともなれば、
見栄えを優先して"立ち"でのパフォーマンスとしました。

ギターは、気軽に使えるものを。
今回は VGです。
遠目にはギブソンのLG-2 (笑)
足元は、ブースターのみ。
繋いだら即、とりあえず音が出る・・・。
このシンプルさがベスト。
客席からの見え方を考慮して、譜面台はなるべく低く。
その譜面台は、突風に備えて脚部をガムテープで固定。
さらに譜面は譜面台そのものにガムテープで貼り付け。
これで少々の風が吹いても安心。
そもそも、譜面なんぞに頼らなければいいのでしょうが、
ほとんどは憶えているつもりでも、真っ白に飛んでしまう
事態も想定して、いわば保険として用意。

さて、初めて野外で使ったVG&マグネティックPUですが、
文句なしです。
たしかに、言われるように 1-2弦の音が微妙に太くて、
違和感もあるにはあるのですが、今回は全曲サムピックを
使用して、フィンガープレイもストロークも全てこれで
通したので、バランスの悪さは許容の範囲にあるかなと、
納得しています。
ま、、所詮歌モノですから、、ギターへのこだわりは
ほどほどなのであります。
実際、聴いていた人の評判も上々でした。

問題はむしろ、
立って弾くことの難しさ。
慣れもあるけれど、カラダとギターの構えそのものが
ふだんと違っているので、特に右手のプレイに
違和感を感じっぱなしでした。
弾き損じも多く、集中力をなくしたための妙なミスも
あったりで、、。
バンドなら誤魔化しもきくところがソロだとそうも行かず・・。
写真で見る限り、"構え"は悪くなさそう。
やっぱり"慣れ"が一番なのでしょうね。

頑張ります。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.