忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

例のBBクン、素性の詳細は不明ながらも
すっかりお気に入り。
しつこくネットで調べてみたところ、
おそらくは同時期に発売されていたであろう
VG-1という兄弟モデルを発見(下の写真)。



VG-1がJ-45タイプであるのに対して、
ワタシのVGは、スモールボディのLGタイプ



VG-1の仕様から推測するに、
VGのスペックは、以下の通り。

Top Solid Spruce
Side & Back Solid Mahogany
Neck Mahogany
Finger Board Rosewood
BridgeEbony
Bracing Scalloped X Bracing
Neck Width 42mm
Tuning Machine Gotoh
RosetteMaple
Pick Guard Original Tortis Color

お気に入りの理由は、ルックスとサイズ。
でもなんといってもそのサウンドがグッド。

マニアックなサイトとか、、
Yoytubeなんかでよく見かける
ギターサウンドのアップをワタシもやってみた・・・。

VGだけ弾いてもつまらないので、
材的にはほぼ同じスペックを持つ
Martin000-18との対比を試みた。
ICレコーダー任せのお手軽録音なので
音質に関しては知れたもの、、、だけど、
それぞれの音質の差は感じてもらえるかと、、。

VGの弦はDadario EJ-26。
000-18はMartin MSP-4050。

■フラットピックでストローク。
CCRの"Bad moon rising"風。

コードストローク VG

コードストローク 000-18

■フラットピックでカントリー風

フラットピッキング VG

フラットピッキング 000-18

■指弾きでクラプトン風なブルース。

フィンガーブルース VG

フィンガーブルース 000-18

■サムピック使用でスリーフィンガー。"Don't think twice"風

スリーフィンガー VG

スリーフィンガー 000-18

■フラットピックでコードカッティング。オリジナル"Love collection"から。

カッティング VG

カッティング 000-18

どれも一発録り、、、。
指がひっかかってるところもあるしで、、情けなし。

で、どちらがお好み?

総じて言えることは、
やはり低音の出音はMartinのほうが上。
弾き方ひとつで、低音を出したり引っ込めたりが可能。
その点においてVGは真似できない。
低音を出したくても出ない、、。
サムピック使用では、思いのほかVGが良い味を出してくれる感じ。
スキッと輪郭のはっきりした印象。
Martinは逆に低音部がモヤモヤしている印象。

まぁなんと言ってもさ、、
両者の値段の差ほどの違いはないなぁ、、というのが
一番の感想かと。

長々お付き合いいただき感謝感謝 > マニアックな貴殿





PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
惹きつけられるように・・・
来てみたら、ほら聴きたくなっちゃうようなことしてますね。
で、さっそく聴きくらべ♪

う~~~~ん
どっちもアッシのギターよりなんぼもイイ音してるから
どっちでもいいんですが、
好みで  VG-2 すかね
特にコードザックリ とか 弾きなぐり にはすり寄りたくなっちゃう。。。
指とかアルペ&ピッキングだと
確かに000- が深いというか幅があると感じますが、
VG-で 指での音も聴きたいと思ってしまうので、
アッシは VG-に軍配 となってしまいます。

行ったり来たり聴いてるうちにわかんなくなっちゃうので、
はやめに コメント差し上げました。
私見ですので お気になさらずに。
アッシは 安いギター派です(笑)
ちんすけ 2013/06/02(Sun)11:57:36 編集
お世話さまでございます
貴重なお時間を頂戴いたしました(笑)

ワタシもこんなことに時間をかけているわりには、
「どっちゃでもええわい」的なヤツです。

蓼食う虫も好き好き、
勝負は時の運、、とでも申しましょうか、、。

例えになってない・・・。


筆者 2013/06/02(Sun)18:29:17 編集
こういう記事、超たのしー!
ICレコーダー録音ということなので、
エアーでマイクで拾ったのと同じ感覚かなあ。
それとも、アンプ通しの音をあえて録音?じゃないですよね。
んで、僕がどちらを好んだかは・・・ふふふ。どっちでしょう。
バクさんなら予想がつくのではないかと思います。
僕のブログでも、同じようなことやってみようかな。
本物のローズの音はどれだ(笑)的な音当てクイズを
やったら面白いかも。
と思う位、たのしー記事でござんした。
まんぼう 2013/06/03(Mon)09:02:21 編集
ICレコーダー
ICレコーダーにステレオマイクをつないで
直録りです。> まんぼうさん
データ形式はmp3。
生音と比べると、やや中音域から高音域が
強調されている気がします。
空気を震わせる感じとか、、
そのあたりは再現できてないですよね。
そういう意味で、martinには不利だったかも、
マイク録りのライブならともかく、
ライン出しが前提であれば、
やっぱり、どっちゃでもいいな、、って。(^^ゞ




筆者 2013/06/05(Wed)10:46:40 編集
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.