忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の「ソロギターナイト」でのこと。
同席した某GOちゃんからの問いかけ。

「BAKUさんは、こういうインスト系は弾かないんですか?」

「・・・少しくらいはね、やったことあるよ。
でも、曲を最後まで覚えられないんだよね。
TAB譜とか、、見てると、、飽きちゃうし。」



というわけで、今回はそんなお話。
上の写真、若かりし頃のジェームス・テイラーが表紙の
『ライトミュージック- フォークソング特集』(1974年8月)
これ、当時のギターを弾く若者の参考書、バイブル。
フォークソング特集とは書いてあるけど、ロックの名曲も多数掲載。
その後プロになったアーティスト達も結構この雑誌で
勉強した人は多いらしい。



当時、既にプロとして活躍していた「安田裕美VS中川イサト」の対談記事。
興味のある方は写真をクリックする価値あるかも・・・。



そして、この本に収録されていた曲の目次。

S&G、CSN&Y、ジェイムス・テイラー、ビートルズ、ボブ・ディラン、
ドック・ワトソン、ブレッド、ジム・クロウチ、アメリカ、、。
知らない、もしくは興味のない曲もあったので、
さすがに全曲とは行かないけれど、それでも
4割近くは弾いてみたかと。
インストは何曲もないけど、
スリーフィンガー、アルペジオ、リードギター、
変則チューニング、などの奏法、簡単なコード理論など
内容は当時としては、これ一冊で十分なものだった。
アコギの奏法の基本は全てこれで学べた。

だから、、
今、TAB譜を見るとゾッとするんだ。
昨今の若いアコギストの華麗なテクニックには感心するものの、
わりと冷ややかに見てしまうのは、ここいら60年代、
70年代の基本中の基本が耳から離れないからなんだな。

はい、、もちろんこれは負け惜しみです。(汗)

そうそう、
GOちゃんには、こんなことも言った。

「インストはさ、曲の出だしはできてもさ、
途中からは難しくなって弾けなくなるわけよ。
そうするとね、、オレ、歌っちゃうわけ。そうすると、
歌のほうが気持ち良くなって、、、歌でいいじゃん?って。」

やっぱり、負け惜しみにしか聞こえないな・・・・。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.