忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



新品、ユーズド、ヴィンテージ、、
ネット上で検索すれば様々なギターにお目にかかれる。
上の写真は、最近某楽器販売サイトにアップされた
70年代初頭のKASUGAギター。
売値は約10000円・・・。
商品説明によれば、日本のフォークギター創世記における
春日製マーティン000タイプのギター、
普通に弾くには弦高が高すぎるので、スライド用にいかが?
とあった。
ちょっとばかり切ない気分になる説明文だこと・・。



で、この写真はワタクシ所有のKASUGA F-10。
平成10年頃に、品川のリサイクルショップで購入。
7800円だった、、。
その後、ナットを交換し、今は完調とは行かないまでも、
楽器としての価値は維持している、、はず。
ちなみに、1969年製。
決してヴィンテージと呼ばれるような素性ではないが、
枯れた味わいのサウンドを響かせてくれる。

過去の当ブログにも書いたことがあるように、
元々の頑丈な造りと、カラカラに乾いた木材であるがゆえに、
この人には、ガット弦を張ったり、フラットワウンド弦を張ったりと、
散々な目に遭わせてはいるものの、なんとなぁぁく今も
手放せなずに、なお自室の一番目立つ位置に
チューニングしたまま吊り下げられている。
で、ふと思いたった時、手にしてはポロンとやったり、
時には、他のギターをチューニングする際の、
チューナー代わりに、5弦をポローンと鳴らしてみたり、
なんて役回りを、文句ひとつ言わずにやってもらっている。
(文句言われたらコワイけど・・・)

新しいギターを仕入れるたびに、
整理するかな?なんて思いはするが、
売ったところでジャンク品にしかしてもらえないだろうし、
それならいっそ、どなたか大切にしていただける御仁に
お譲りしてしまおうか、、などと考えたりもするのだが、、、。
所有するギターの中で一番の年上なだけに、
それをやっちゃあ他のギターに示しがつかないだろうょ、、
みたいな。

なんだかんだ言って、良き相棒、だな。





PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.