忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またかよ、、、という話。



メインの18をリペアに出したのは先週のこと。
ちょいとばかり彼女を酷使していたことの反省があって
そんな彼女をもう少し大切に扱ってあげたいなと思ったのとで、
普段使いの"フォークギター"が欲しいかも、、と考えてしまった。

ユーズドではあるが、ネットで見つけたちょいと気になるモデル。
メーカーはギブソン系のモデルを作らせたら定評のある
某国内メーカー。
単板のモデルしか作らないことでも有名。
僕自身もその存在は随分と前から知っていて、
造りの良さは感じていた。
まずは、ギブソンの『LG』を意識したかのようなその品名から、
同モデルの出自に関する情報を集めようとしたが、
困ったことに全くヒットしない。

実は数年前のこと、
僕はギブソンなら『LG-2』だろう、、と思って、
何軒かのショップで弾いてまわったことがある。
でも、全然ピンとくる個体がなくて、
ヴィンテージ選びの難しさにガッカリしたことがある。
そんなこともあって、アコギはもう要らない、
と思っていたのだが、、、。

で、その気になる『LG』モドキ。
店を訪ねて、実物と対面。
僅かなスリ傷程度の新同品。
弦高も低いし、よく調整されている。
ネックは適度な太さがあって弾きやすい。
肝心の音は、中音の響きがいかにも、な感じで良し。

ショップ店員に、出自について訊くも、
やはり情報が全くないとのこと。
『じゃこの値段、どうやってつけたの?』とも思うが、
そんなにビックリするような値段でもないし、
そもそもがメーカー、造りの良さ、とりもなおさず音の良さは
見ての通り、聴いての通りなので納得納得。

さてそういうことで、、
このギターがLG-2のコピーとなれば、
およその仕様は次のようになるはず。
トップはスプルース、
サイドバックがマホガニー、
ネックはマホガニー、
指板がローズ。
クルーソンタイプのペグ。
Xブレイシング(スキャロップかどうかは未確認)

昨日今日で、指弾き、フラットピック、、
4時間ぐらい弾き込んだけど全然飽きない!
まったくもって気持ち良い!!

今後の僕のメインになりそうな気配♪

Black Beauty & Blues なのである!!




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.