忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

E.Yさんのドキュメンタリーを見ていて、
個人的に非常に印象的なシーンがありました。
わりと小さなスタジオ、
数人のミュージシャンとの軽めのリハで、
マイクもなしにE.Yさんが歌うのです。

「とにかく歌っているときが好き」

という本人のコメントとともに流れたこのシーン。
そのときのE.Yさんの歌の巧さったらなかったな。
少々クセのある歌い方(それが魅力なんでしょうけど)
には違いないんだけれど、そこはやっぱり
超一流のシンガーですから、
詞の一語一語、音のひとつひとつに意味があって、
さすがだな、と思わせてくれるに十分な
パフォーマンスでした。

そう、、この人は
シンガーなんですね。
そして、ソングライター。
その才能に長けた人が、ステージに立つから、
超一流のパフォーマーなんだよなぁ、、
と今さらながら思いました。

さて、
超超超おこがましい話ではあります。
自分のことを言ってしまいますが、
「ギター弾いているのが好き」とは、、言えるけれど、
僕には「歌っているときが好き」っていう感覚、
まったくないなぁ、、。

ぃゃ、それらの合せ技でもって、
「ギター弾きながら歌うのは楽しい」けれど、
マイク片手に、パフォーマンスしながら歌うっていうのは、
やったことがあまりない、、っていうのもあるけれど、
自分とて1人のパフォーマーだとして、、
それを要求される立場にあったとして、
ステージ上でギターは手放したくないって、、思う。

だってさ、
ギター持っていない、
チャーとか坂崎とかクラプトンとかロベンとか
スティルスとかヤングとかって、、
考えられないでしょうよ。
ファン的には、ガッカリじゃありませんか?

ぁ、、いやいや、
別に僕がギターを手放したところで、
どなたさまもガッカリはないでしょうから、、
これは単に個人の問題、志向の話ね。

そんなわけで、
ギター持たずに、マイクの前で歌っている私を見たら、
叱ってください・・・。

逆に、歌わないで、
ギターだけ弾いている私は、
今後増える傾向にあると思われますので、
許してやってください。







PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.