忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003


リペアから帰ってきたHD-28。
俄然弾き易くなって戻ってきた。
弦高はもう少し下げようと思えばできないことも
ないだろうが、Dサイズモデルとすれば、
これくらいで十分だろうか、、。
オクターブピッチがバッチリ!
気持ち良いことったらない。

こいつを購入したのが95年のこと。
もう18年にもなろうとしている!?

当時、
あちこちの楽器屋をまわって試奏を重ねていたワタシ。
キモチは「000-28」を買うつもりだった。
でも、心の片隅にあったのがカタログで見て知っていた
HD-28のカスタムモデル。
ヴィンテージなルックスに憧れがあって、
(憧れしかなかった・・・)
店頭で実物を見つけた途端に心変わり、、(汗)。
HD-28 custom15。
その後レギュラーモデルとしてラインナップに
加わったHD-28 VR の前身モデルである。

このギターの変調に気づいたのが、
購入から約ひと月後のこと。
6弦のオクターブが微妙に×。
購入店に相談に行ったが、
「アコギなんて、、こんなもんですよ。
上手に付き合ってやってください。」と言われ、
しぶしぶ納得。
それから半年ほど経って、、やっぱり我慢できない。
カポをするたびに6弦のチューニングが必要な状態。
(多少の狂いは許容するが、そのレベルを超えていた)

購入店には見切りをつけて、
あの輸入元店の門をくぐる。
ギターを手にした店員の第一声。
「このギター、、どこかでナットを調整したんですか?」

まさか、、、新品で買ってから、調整なんかしてやしない。
そういえば、たしかに6弦のナットの溝部分がやや大きい。

『はは~ん、、、』と、納得。

いわゆる、セカンド品、、?
某輸入元店で売ることのできないセカンドモノ、
あるいは売れ残ったブツを他店に流した?
なんてあたりなんだろうか。
もちろん、事実は分からないし、
ギョーカイの事情にも詳しくないので、
えげつないことは言いたくないけれど、
「調整なんてしてませんよ・・」と言ったあとの
店員さんの口のつぐみ方が露骨で、
いろんなことをかんぐってしまったワタシだった。

その日は結局、ロッド調整のみで、
その後もずっと購入店の店員氏のアドバイスよろしく
「上手に付き合って」きたわけだ。

そして、、18年。
この間、
何度、売ってしまおうという衝動にかられたことか。
もう1本のMartin、000-18のネックに比べれば、
明らかに難ありだけど、、
でも、、今やキズだらけのトップの板目を見ては、
そして、いわゆるドンシャリなそのサウンドを聴いては、
『やっぱり、手放せないよな・・・』と
思いとどまり続けた日々。

このタイミングで、DボディのMartinを手放したら、
一生Dは買わないだろうな、、。
そんな気がして、
バインディング剥がれが発生したのを機に、
思い切ってリペアに出してみた、と。

ま、問題のあるHD-28だけど、
これも何かの縁。

あんまり優しく扱ってあげられないけれど、
一生オレのそばに居てみるかい??

なんつて。







PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 26 27 28 29 30
31
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.