忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今週もバタバタと慌しい一週間だったが、
通勤途中に先日のライブ音源を聴いて自分たちの
音を再確認はできた。

毎度、音楽仲間のOGから当日の写真も多数届いたことだし、
何枚かアップしながら、自分なりの検証。


今回ほどエレキギターを違和感なく弾けた
ライブはなかったように思う。
過去にもエレキを使ったライブはたくさんあるけれど、
自分の手元のタッチと、足元、アンプ、それぞれの出音との
イメージの隔たりが大きくて、終始しっくりと来ないまま
ライブが終わってしまうことがほとんどだったのだ。
もちろんそれは、ひとえに自分の経験の少なさなのだが、、。

思うに、それは今回のバックのみんなとの相性が良かった、
という点が大きいのではないかな。
佐野さんは、ベッタリと"のべつ"弾くタイプのギタリストじゃないし、
理恵さんもピアノとオルガンを場面場面に応じて弾き分け、
音の出し入れが絶妙だった。
もちろん、まんぼう&ロッキーのボトム陣が強力で、
我々フロント陣は安心して泳いでいられたから。




本番では、1曲目のみサムピックを使用していた。
日頃はティアドロップ型のフラットピックを使っているが、
ソロを弾く時に、ピックと弦の当たる角度に安定感がなくて、
下手をすると空ブリもあったりして、ひとり勝手に悩んでいた。
そこで、苦し紛れの策がサムピック。
これが自分的になかなかグッド。




ライブの前から「歪ませます」と公言?していた手前、、
今回新たに仕入れた箱がこれ。
BOSSのDN-2。
ピッキングの強さやゲインの大きさによって
歪みの度合いが異なるというシロモノ。
カッティングの時はシャキっとクランチ、、
ソロ時はギュインとオーバードライブ。
さらに、手前にブースターを入れて、サスティンも稼いだ。
マニアじゃないので詳しいことは分からないけれど、
もともとがアコギ弾きの僕にとっては、
右手の強弱と出音が比較的ダイレクトに感じる分、
扱い易い箱のような気がした。





アフターのワンシーン。
AERIALのえーちゃんとのギターバトル・・・・
ウソ、、Cのブルースで対話中。
撮られているとは知らなかった。

グレコのテレ・シンライン(おっぴん持参)の音を試したくて、
僕ひとり弾いていたところへ、えーちゃんが
ゴダン(稲作所有)で絡んできた、、という。
ま、僕もえいいちクンも、大のギター好きってことで、、
久しぶりのツーショット写真が、嬉しかったのでアップ。









PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.