忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初対面の時、『○○株式会社△△部長・・・』などという名刺を
差し出す定年退職後の男性が結構いるという。
少し悲しいな、、と思うと同時に、定年後はこういう形でしか
自分のアイデンティティーとやらを証明できないかもな、と頷いてしまう部分もある。
自分がどのコミュニティーに所属しているのか、、
逆に、所属していないと不安、そんな「帰属意識」みたいなものに
男性はいつまでも支配されているんだろう、、なと。

で、別に今から定年後の名刺の心配をしているわけじゃなく、
そんな話を聞いて、ふと思ったのが、自分のライブでのMC。
それは、BAKUJIN以外でのライブでのこと。

「僕はいつもはBAKUJINという6人編成のバンドをやっていまして・・云々」

「これから歌う曲は、BAKUJIN用に作った曲でいつもは6人で演奏して、、云々」

「BAKUJINには、こんなメンバーがいまして、、云々」

会場内の僕のことをよく知っているお客さんにしてみれば、
『そんなこと、、よぉく知ってるよ』っていう内容だし、
初めて僕を見る人にしてみたら、どうでもいい話であり、
にもかかわらず、ほぼ全てのライブの際に僕は、
BAKUJINのことを口にしてしまう。

これはひとえに、BAKUJINというスタイルが自分の本流っていう意識が
そうさせているわけで、つまりは「宣伝」のために、BAKUJINの名を
口にしているつもりだった。
だから、たまにメンバーのBAKUJIN以外のライブを現場で観たり、
後日映像で見せてもらったときに、バクジンのバの字もしゃべっていないと
『は~ん・・』と落胆する部分もあったり。

でも、それでいいんだな、と思うようになってきた。
さっきも書いたように、現場のお客さんは目の前の僕らのパフォーマンスが
全てなのであり、見たことのないもの、聴いたことのないものの説明を
いくらされたところで、何のイメージも持てないに決まっている。

そもそも本当に自分が「宣伝」のためだけに言っているかどうか、
というあたりも実は怪しくて、
要するに、その場のお客さんに、その時々のパフォーマンスをもって、
自分の音楽スタイルの評価とともに認識されてしまうことに、
すごく不安を持っているからに他ならないような気がする。
結構、エゴ丸出しなんだな。

ライブは一期一会、ってことにあきらめがついていないのかも、、って、
話がとんでもない方向へスッ飛んだか?

いやはやこんなブログで独白して何になる?的な話ではありますが、
そんな自分なんだもの仕方ない。

長くなりそうなので、続きはまたいつか。

バイチャ。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
それはそれで・・・
BAKUJINの存在が、ばくさんを支えているところもあるってことでしょうか?私から見ても、絆と言うか、離れていても繋がっている感は強いです。羨ましいって思います。
hitomi 2011/06/04(Sat)21:37:52 編集
支え・・・
"支え"というニュアンスとは少し違うでしょうね。
"軸足"って感じでしょうか。
あれもこれも、と活動してはいても、
自分のかなりの部分を表現できているのは、
間違いなくBAKUJINですよね。

今日の記事で、僕が書きたかったのは、
むしろその"あれもこれも"のことです。
自分としては楽しんでいるつもりなのですが、
傍目には、非常に分かりにくいプレイヤーかなと、、。
そんなことを思ったわけです。
筆者 2011/06/05(Sun)00:38:28 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.