忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

曲を作りはじめたのは、大学のサークルに入ってから、
必要に迫られて作りはじめた。
何かを訴えたいとか、、
この気持ちを伝えたいとかはほとんどなし。
そういう意味では、今も全く同じ。
たまたまフォークギターを手にして、
しかも、こんな声をしていたものだから、
自分で演る音楽となれば、ロックというよりは、フォークやポップス。

そんなワケで、当時は『これは?』と思うアーティストのアルバムを
少しでも自分の中に取り込みたくて、随分と聴いたもの。

前回紹介したAOR系の音楽もその中のひとつだけど、
今日紹介するのは、ジム・クロウチ。
苦労して全米デビュー。
ヒットチャートを駆け上がり、やっと陽の目を見たところで、
バンドメンバーと共に、飛行機事故に遭い非業の死を迎えることに。
73年か74年のことだったと思う。

"動く"彼を観たのは、土曜の深夜だったかな、、
TVプログラム『Midnight Special』

レコードで聴いたのとは違って、
シンプルなアコースティックサウンドにシビレた。

ぃゃ、、決してレコードのアレンジも悪くはない。
ただ、そのライブパフォーマンスが余りにカッコ良かったから。

今日、その映像を観られるのは実に幸せなこと。


ということで、まずはライブ映像。



そして、もう一曲は彼の遺作となったアルバムの中から、
シンプルながらギターのアルペジオが美しいラブソング。
大好きな曲です。



くどいようだけど、、
こんなにシンプルなのに、かくも音楽は豊かなもの。
軽快なロックナンバーを歌ったかと思えば、
繊細で美しいラブソングも歌ってしまう。

言葉じゃなかったんだよな。
理屈でもない。
とにかく、感覚として、、良いなって、、思わせてくれる。
洋楽には、そうしう魅力があった。

これが僕にとっての、ひとつの理想。

どこか、洋楽の匂いを感じさせるメロディーを作りたい、、
ってことは今も変わらぬ僕のこだわり。

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.