忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




昨夜は「BAKUJINとるあのクリスマスライブ vol.10」
おかげさまで盛況のうちに無事終了。

ご来場いただいたお客様、有難う御座いました!
ライブ中にも何度も何度も絶叫(^^ゞいたしましたが、
本当に皆様には感謝の気持ちで一杯です。
おひとりおひとりに直接ご挨拶はできませんでしたが、
この場で再度、お礼を申し上げます。




個人的な反省点もろもろ、それなりにあれど、
かつてないほどの充実感もあり。

猛暑の夏にスタートしたメンバー間での話し合い。
単に曲決めのことではなく、、
そもそも今年もクリスマスライブをやるのかやらないのか?
やる意味があるのかないのか?
そこから話し合うという、まさにゼロからのスタートだった。

9月に練習開始。
まだ本番までは4ヵ月もあるにもかかわらず、
残された時間はそう多くはない、、と思わざるを得ないような練習初日。
それでも、「今までにないBAKUJIN」サウンドを創造すべく、
メンバー全員まさに気持ちをひとつに、暮れの本番目指して頑張った。

今までと同じことの繰り返すだけのライブはやりたくない。
聴いているお客さんに心から楽しんでもらいたい。
刺激的なバンドでいたい。
ライブでしか味わえない音楽の魅力を形にしたい。
これからの方向性も示せるようなライブにしたい。
そんな思いで、本番ライブをイメージして、ステージング全てを作りこんだいった。

いつもの僕のブログであれば、
ここで曲のセットリストを書いておくところなのだが、
今回はそれをやってもあまり意味のないことだろうと思うので、
敢えてそれはやめておくことにする。

そういう意味でいえば、
今回は共演の るあ も少しいつもと違っていた。
意欲的な選曲に、その心意気が十二分に感じられて
聴いている僕は思わず唸った。
そのパフォーマンスは、決してオーバーではなく、風格すら感じる。
だが、自分らのキャラからは決してブレない。


HOTコロッケ店のHPから写真を頂戴いたしました。




以前にも書きましたが、
演る側として大切なことは、
そのライブを通じて、次に繋がる良いイメージを感じること。
その感じた手ごたえを次に繋げること。

うん、、良いライブだった。

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.