忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
クリスマスライブが終わってそろそろ10日。
当日、会場で写真やビデオ撮影をしてくれていたO.Gから
それらのデータを頂戴した。

"やっていて"楽しかったライブは、観ても楽しかった・・(笑)

写真は全てO.G。



リハの時から、演奏曲のラインナップを見て、
『こりゃ相当濃いな、、』なんて自分たちで話していたのだが、
本番はまさに、僕らBAKUJINの音楽的キャリアや持てる力の全てを出し切った、、
かのような内容だったと思う。

その内容とは、いつも言うように、フォーク、ロック、ポップス、少しのブルース、
さらに今回は70~80年代のフュージョン的なサウンド。
はたまた賛美歌にドゥワップにジャズコーラス。
でも、BAKUJIN"らしさ"は見失わないようにする、、という。

これまた繰り返しになってしまうのだが、、
普通のバンドはこんな混ぜこぜ音楽は決してやろうとしない。
ぃゃ、、できない、と思う。
やりたい、、と思う変人がバンドにひとりふたり居たとしても、
全員の意思が統一できるバンドがBAKUJINの他にあるとは到底思えないからだ。




だが、このメンバーたちは違う。
それは主に"的存"のほんの思いつきだったにせよ、、
「こういう音楽をやろう」となれば、
誰が聴いても納得できるような音楽レベルに達していないまでも、
そこに歌とハーモニーがある限り、なんとか形になるまで諦めない。
自分らが『やってい楽しい』と感じるレベルまでに引き上げる術を心得ている。

そこが僕らの強み、、。





で、、
僕の弱みなのだが、、

近頃の僕は、ソロまたは比較的に少人数なギグ的バンド編成でやることが
多かったせいか、6人メンバーとなると、どこか気持ちが緩んでいた、、と、
告白しておきたいと思う(汗)

歌詞を間違う、、とかいうレベルではなく、、
歌うべき場所がスコンと頭から抜けていたり、、というのがその典型。
頭の中で、一瞬一瞬あれもこれもと浮かんでは消え、消えては浮かぶうちに、
自分のパートはすっかり忘れてしまう、、という。

だが、、
当日一番恥ずかしかったというか、、
一番悔いの残るシーンは、例の曲の後半、ストラトでのソロシーン。
ソロに入る直前、手が勢い余ってPUセレクターをリア一発にしてしまったこと。
音が出た瞬間『ガーン、なんじゃこりゃゃあ~!!』・・・。

あとは、どうにもならず、、、。(即座に対応が効かないヤツ・・・)

自分で自分の音を聴きながら、ガックリきてた。
まるで、
ギター弾き始めて半年ぐらいの中学生が、
初めてのライブでエレキ弾いてるようなチープな音だったさ・・・(-_-;)

名誉挽回のチャンスが欲しぃ。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.