忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ナイロン弦の扱いが難しいことは何度も書いてきた。

で、写真のエレガットのピッチがどうにも気になって、調整に出したことも書いた。(よね?)
ところが調整して戻ってきたガットは、サドルが交換されていて、以前の音の響きとは
かなり違ってしまったのも否めなかった。
キモチ、、弦高も高くなってしまったことにも少々気になるし。

押弦するときの自分の左手にも問題はあろうが、、
そもそものチューニング時点において、新品の弦を張り替える度に違和感、
というか不信感みたいなものが芽生える。
ここでそのひとつひとつを書き出したらかなりの長文になりそうなのでこの場は割愛。

で、いろいろ弾き倒しているうちに思い当たった先は、、
これ、、元のサドルに戻して、弦のメーカー等をいろいろ試してみたらどうだろ?ってこと。

以前、どうにもピッチが不安定で小売店に返品したAガスチンのナイロン弦は、
品質が不安定なことで定評?があることもネットで知った。

DダリオのPアルテはよく使ってはいるが、こちらもやや不安定なのと、
音的にしっくりと来ていないというのが正直なところ。




そこで試してみたのが、写真のハンナバッハ。
先のメーカーの製品より2-3割の割高。

結論から言って、今のところ好印象。
張り替えの時、指から受ける肌触りからして違うので、かなり期待したのだが、
全く期待は裏切られることはなかった。
サドルを元に戻したせいもあるだろうが、1-3弦の高域に輝きが出た感じ。
倍音性分が増して、"紗"がかかったような音の印象。
6弦の低音も太さを増した。
チューナーを使って、各フレットごとにピッチを確認したけれどほぼ合格。
ペグの微妙な動きにもちゃんと追従してくれる。
(ナットととの相性がいいのだろうか・・)
この緑色のパッケージはノーマルテンションのもの。
次回はハードテンションも試してみたい。


『このギター、、、オクターブピッチが狂ってない?』と言って、
調整に出したわけなのだが、、ひょっとしたら単に弦の問題だったのか?

いずれにせよ、ガットギターと弦の関係は難しいなと、、
そんなことを強く感じたのであることよ。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.