忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


まずは思い出話から・・・。

大学に入ってすぐのこと、軽音楽サークルに入部した僕。
"軽音楽"というだけあって、部員の音楽志向は様々で、
ロック、ブルース、ブルーグラス、フォーク、、とバラバラ。
たしか入部して間もない6月頃だったと思うけれど、
そのサークル主催の学内コンサートがありました。
一年生の僕も、たまたま意気投合した何人かとフォークグループを
結成して、ラッキーにも出演を果たしたのでした。
(多くの進入部員はオーディションで落ちたんだけどね・・・)

で、それは3年生を中心メンバーとしたロックバンドで起きたのでした。
バンドのギタリストである先輩が、感情の赴くままに、、
というより、、ただそうしたくて、、
というか、、ジミヘンにでも憧れていたのか、
曲の最後に自分のエレキギター、、黒いテレキャスタイプだったと
思うんだけど、そいつを空中に投げたんですわ。
先輩のイメージでは、おそらくフワっと舞い上がったギターの
落ち際をヒシっと抱きかかえるつもりだったんでしょうけどね、、
そう計算通りには行かなかった・・・。
悲しいことに、、宙を舞うはずのギターはストラップかシールドに
引っぱられるように、逆に勢いよく床に向かって落ちてきたのですよ。
まぁそりゃ当たり前ですわな、引力ありますもの・・・。
で、憐れ黒いギターはボディの隅を床に「ドン!」と打ちつけ、
「ああぁぁ倒れる!!」と思った瞬間、先輩は慌ててそいつを
すくい上げたのでした、、、。

なぁんかカッコ悪くてねぇ・・・。

だったら最初っからそんなことよしゃぁいいのに、って
思ったものでありました。

そんなこんなあったせいで、
僕はこのサークルが肌に合わねぇなぁ~となりまして、
夏休み前には退部届けを出したとさ。。。(実話です)

はい、、ここまでが本日の前フリ。

なんと!!
そんな破壊パフォーマンスに憧れるロックミュージシャンに捧げる
破壊専用エレキギターが発売されたそうです!

破壊パフォーマンス用ギター

で、これが、
実際に破壊した映像

いくら専用でも、、
僕にはできません (ーー;)




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
ありゃりゃ
サンタナのギターをデザインしたヤマハのデザイナーさんと話したことがありますが、とある日本人ギタリストのオリジナルギターを制作したんだけど
それがステージで破壊されたのをみてギター制作から身をひいたそうです。
いま?はキッチンのデザイン室にいらっしゃいます。
ギターを壊すパフォーマンスは、見たくも無いですね!
空気入れて膨らむヤツなら笑えますけど。
Namie from iphone 2010/02/12(Fri)12:53:18 編集
こりゃりゃ
このギターは壊されたあと、リサイクルされるって
ことらしいですけど、、
そっかぁ、、"ものづくり"という側面で見れば、
デザイナーの立場はツライところですよねぇ。

うむむ、、罪作りだなぁ、ジミヘン
筆者 2010/02/16(Tue)23:47:37 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.