忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

70年代のロックについて申し上げれば(笑)、
やっぱりLittle Featは絶対にはずせません!
彼らのことは過去にも何度かブログで触れたことはありますので、
くどくどとは申し上げませんが、、今回YouTubeで検索したところ、
レアな映像が多数アップされていましたので、今回はそれらを
貼り付けてみました。

このMy Favoritesシリーズで紹介したミュージシャンの多くは、
僕のギターやコーラスアレンジ、あるいは曲作り等に
多かれ少なかれ影響を与えたという括りが存在していたのですが、、
このLitle Featだけは別格の存在といえます。
南部の泥臭い音といい、スライドギターの粘っこいフレーズといい、
シンセも多用しているから、ちょっとプログレっぽい
アプローチもあったりで、、にもかかわらず、
今もってどうして僕があんなにも彼らに傾倒していたのかが
分からない。。そんな感じさえするのです。

とにかく、、100点満点なんです。
どこをどう切り取っても僕にとっては100点。
ローウェル・ジョージがバンドに所属していた時代(彼の存命中)の
アルバムは全て持っていますけど、いわゆる×な曲は1曲もない。
全てが刺激的であり、それは今も輝き続けている。

今回、彼らの映像を幾つか貼り付けましたけれど、素晴らしい
ライブ映像がたくさんありますので、是非リンクを辿って行って
ご覧になってください。

■ Fatman in the bathtub (with the blues)

特に好きなナンバーです。
ニューオリンズ風とか南部風とか色々言いようはあるのでしょうが、
とにかくファンキー!エンディングまで目が離せない!
ギター×2 キーボード(シンセあり)、ベース、
ドラム、パーカッションの6人編成で、全員が歌う。
ギターは二人ともボトルネックだし。
にもかかわらず、演奏がグチャグチャしていない、、というか
あくまでタイトに聞こえる!
このグルーブ、、、奇跡だと思う。



■ Rocket in my pocket

これも大好きな曲。
バックにあのタワーオブパワーがついている。
当時はこの偉大な2バンドがくっついて強力な世界ツアーを
行っていた。
でも、、、僕が行った日本公演(中野サンプラザ)では、
リトルフィート単独だったけどね。(不満なし!!)




■ A Day at the dog races

うわぁ~こんな映像もあるんだなぁ!
彼らのインストナンバーです。
ライブパフォーマンスの高さを証明するかのような演奏です。
キーボードのビル・ペインやギターのポール・バレルの
色彩が色濃く出ていると思われます。
ジョージを除くメンバーで演奏するんだけど、ジャズやプログレの
影響も感じさせる曲ですね。
時代的には、ウェザー・リポートとかスタッフとか色々な
フュージョンバンドがいましたけれど、全然負けてないですね。
ていうか、、個人的にはこっちのほうが断然優位に立ってました。




■ Long distance love

名曲です。
ジョージの残した名バラードです。
どの曲にも言える言えるのですが、
ジョージのボーカルは実にテクニカルであり、それでいて胸に染みます。
一説では、日本の「こぶし」を勉強したこともあるらしい。

これ、、リハーサル映像なんですね。レアだなぁ。
この曲のスタジオアルバム版も素晴らしいんだよね。
バラードなんだけど、リズムがうねっているんです。

by Little Feat



コチラは、ジャクソン・ブラウンのカバー版。
検索中にたまたま見つけた音源なんだけど、
すごくいいので貼り付けました。
泣けてくる。

ちなみに、ローウェル・ジヨージは、79年にグループを脱退。
その直後に、心臓発作で他界。

80年代を迎えることのなかった最後のロックアーティストとして
惜しまれつつこの世を去って逝ったのでした。

by Jackson Browne


リトル・フィートは、中心メンバーはそのままに、
今も活動を続けています。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.