忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「全員揃ってのライブは暫くの間お休みですけれど、
 来年もまた、様々な場面で皆さんの前に
 姿をお見せできると思います。
 本当に一年間、お世話になりました。
 有難う御座います。
 来年また、お会い致しましょう!!」


と書いたのが暮れの12月30日。
情報によれば、早速まんぼう氏は船橋「月」へ、
サイトーGさんのブルースバンドにキーボードとして
参加してきた様子。
新春早々まんぼうサスガーキーボー精力活動ブルースGOGO!、、
なんて、、早口言葉を考えてみた・・。(ちっともできてないな・・)

ぃゃ、、休み中にふと思ったのだけど、
世のミュージシャンって、各々にルーツになっている音楽があって、
例えばの話、それがビートルズならば、ビートルズ好きの
ミュージシャンやバンドが集まってセッションしたり、
イベントライブをやったりすることによって、
親交を深めつつ横の繋がりを広げる、みたいな構図ができやすい
と思うのね。
或いはもっと広い意味で、「クラシック好き」とか、
「ジャズ好き」とか、「ブルース好き」とかでもって、
その世界での交友を広めたり情報交換をしたりというね。
そこへ足を踏み入れれば、いつぞやの「噺場」のアフターライブのように、
「ギターで会話」をしているようなね、、。
そこでBAKUJIN・・・。
はっきり言って、、そういう「括り」がないなと、、。
これはこれで不幸なことだなと、、思うわけです。
メンバーの音楽性はバラバラだし(良い意味でね)、
好みもバラバラだし。
オリジナルをやっているからって、
そんなに自己主張の強いバンドではないし、
奏でる音楽だって、ポップスのようなロックのような、、
基本的には歌が好きなんだけど、コーラスもわりと好きだったり。
色んなところにカスッてはいるけど、コアではないなという・・。
世のどのミュージシャンやバンドとも「音楽で会話」ができないなぁ、、
なんてことを思ってしまうわけなんですね。
どの群れにも入って行けないのかなぁ、、なんて感じてしまうのですね。

そんなBAKUJIN。
期せずして、1月11日のHOTコロッケ「70年代フォークナイト」へ
登場します。
メンバー(じんたを除く)が、それぞれにエントリーしていたらしくて、、
結果、何曲か一緒に演奏することになりそうです。。

で、当日の僕の選曲なんだけど、
毎度のことながら、迷走中。
10分か・・・・困ったな。

■BAKUソロのお知らせ

お台場アクアシティーでのライブが決まりました。
 1/25(日) 午後1時~ 2ステージです。
 詳細は後日。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.