忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のライブで、、
やっぱり使ってしまった「赤いドレスの・・・」。
一部の熱心な読者の方からは
「あれ?クリスマスライブでお披露目じゃなかったの?」
という声と、
「・・・だと思った。」みたいな声がありまして。

ぃゃ、、僕にも都合というものがありまして、
そこはほら、やっぱり今目の前にあるライブを
如何に盛り上げるかと、、意識は常にそこにあるのです。
(・・・。)

で、このEpiphoneのESだけど、やっぱり良かった!
家でPUコントロールを色々研究した時から、
こいつはなかなか操りやすいのでは?と感じてたんだけど、
期待以上だったなぁ。
当日はエフェクターにリバーブのみ挟んで
店のアンプに繋いで演奏したんだけど、
非常にイメージに近い艶と張りのある音をしてたと思う。
例の335だと、もっと太くて甘いニュアンスになったんだろうけど、
僕らのサウンド的には、これはこれで馴染むかなと。
欲を言えば、1弦のサスティンがもう少し欲しいかな。

ライブ音源を聴くと、音量的にはもう少し上げても
良かったような気もするけれど、
まずまず違和感のない音だったのでは?と思ってる。

なんて、電気ギターについて分かったようなことを
言えるようになったのも、
ストラト、335、930J、というそれぞれの異なる個性に
直に触れられたからなんだな。
今まではエレキといえばエレキであって、
何をどう弾いても、意のままにならないもどかしさがあったし、
「ま、、こんなもんか・・」という妥協ばかりだったのね。
それが最近になって、たとえエレキであっても
自分の奏法次第でいろいろカラーを変えられることや、
あるいはギターの持つ個性もあったりというのが、
おぼろげに見えてきたんだな。

ぁ、、ぃゃぃや、、
決してアコギを裏切ったわけではなくて、
エレキの面白さに今頃気づいたようなわけでして。

イフの夜、こいつのことを
「赤いトラクター」と呼んだ御仁がおりましたが、
ステージ上で、ふうが呟いた
「新しい オンナ ね・・・。」の一言が気に入ったので、
『赤いドレスの女』と、、
柄にもなく呼ばせていただいております。




写真は、赤いドレスの似合いそうなKarkoさん撮影・・・。



PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
お疲れっした!
でも、ホントは「JINTA」モデルって言うんですよね?

赤いドレスの彼女。
OG 2008/09/23(Tue)00:19:40 編集
それはぁぁっ!

  禁句・・・
筆者 2008/09/23(Tue)12:57:24 編集
はい?
何か用?。。。
JIN 2008/09/24(Wed)12:15:07 編集
ぃぇ・・・

 深入りしないほうが世のため人のため。
筆者 2008/09/24(Wed)12:50:14 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.