忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


運命のいたずら、、というのはオーバーですかな。
今日5/6は、まさに五月晴れ。
昨日一昨日と不安定な天気の中で行われた木場ストック関係者は
ちと恨めしく感じているかも。

僕はしばしば、自分のライブの予定がひと段落していると、
ネットで色んなミュージシャンのHPを見て回ったり、
ライブハウスへフラリと寄ってみたりすることが多い。
基本的に、人のやっている音楽が気になるというか、
興味があるんですね。
逆にそうすることによって、自分のやりたい方向性が見えてくる、
というような。

昨日の木場ストックも、そういう意味づけの部分もあるにはあるわけで。

オリジナルをやっているバンドさんも幾つかあったっけ。
それぞれの思いや拘りは確かに伝わってくるね。
けど、同業の身(笑)としては、相当キツい思いもしているだろうなと
想像もしているようなワケで。
変な意味ではなくて、
「ご苦労様です!」と、声をかけてあげたくなる。

一方のカバーバンドとなると、知っている曲も多いから、
理屈抜きに楽しめるのは確かなんだけど、
ついつい技術的な力量なりに耳と目が行ってしまいがちで、
おおっ!と感激してみたり、
ちょっと物足りなかったりというような思いが交錯してしまう。
実際、現場ではダンシングおじさんの一挙一動が、
その現実を如実に表しているようなわけで。
(現場にいる人にしか分からない話さ・・)
いやいや!!
圧倒的に巧いし、楽しいことに間違いはない!!
あんなステージング、
俺らにはできないなぁ、、なんて目で見ているからね、ワタシ。

でも、、
俺らも、も少し頑張れば、あれくらいはできるかな?
なんて気は、、なくもない。(←謙虚な強気)


昨日のブログに、
10バンド十色と書いたけれど、、
どうだろ、、この種のイベントなら、
30バンド三十色ぐらいでも、行けるんじゃないだろうか。

ちなみに、我がBAKUJINみたいなスタイルも加えさせてもらうなら、

50バンド五十色で、やっとあるかないか、、。

なんていう無意味な分析をしてみたさ。


つづく。(←つづくのかぁ・・・まいったなぁ・・)

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.