忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まぁなんです、世の中には色んな音楽がありますね。
その色んな音楽に触れながら、
僕らは感動したり共感したりして、
愉しい気分になったり幸せな気分になったりするわけですね。
で、僕らは受け手であると同時に、
送り手でもあるわけですね。
近頃じゃ、ありがたいことに、
ライブなんてものでステージに立たせてもらう
チャンスも多くなったせいで、
受け手としてよりも送り手としての
意識が高かったりするわけですよ。
そうなるとね、、同業?者(ひと)のやっている音楽も、
受け手としよりも、送り手として見てしまいがちで、

『あそこをこうすれば、もっといいパフォーマンスになるのに!』
なんて僭越なことを思ってみたり、

『素晴らしいなぁ、、目標にしたいなぁ。』と
刺激を受けてみたりね。

ところが、残念ながら、
『あれはどうなのかなぁ・・?』と、、
首を捻ってしまうようなパフォーマンスも
たまに見かけるんですね。

表現は自由ですからね、
まぁ何をやっても本来許されるんでしょうけど、
ごめんなさい、、をしたくなる音楽もあるんですね。

でね、、受け手としてそれを見て感じるのは、
巧い下手とかの技術レベルの話ではなくてね、

何故、、何故それをそうやらなくてはならないのか?
っていう、、
そうやる意味が見えて来ないんですよ。
で、悲しくなってくる。

で、、僕が導き出した結論としては、

ぁ、、音楽をナメてるな、、と。

以上、独り言でした。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
頭に浮かぶ、アレ。
少なくとも、オリジナルならともかくコピーの時は、
作られた方が、
どんな思いでで作ったか、
何を表現したいのか、
など、汲み取ることも必要だと思うのです。

決して、「笑いをとる」なんかの為に、命を削って産み出したのではない、ワタシはそう思います。

聴いて下さっている方々全員の共感を得て欲しいとは思いませんが、???なパフォーマンスはいかがなものと…ホント、そうですよ。

あ~ぁ…
karko 2007/06/12(Tue)18:58:15 編集
アレ、、ですか?
アレであれコレであれ、
人前でパフォーマンスをするという事の
覚悟とか意識の問題ですね。
本文でも書いたけど、技術の問題じゃないのですよ。
「芸」に向き合う姿勢の問題なんですよ。

と、、独り言でした。

筆者 2007/06/12(Tue)23:29:12 編集
同感!
お客さんとキャッチボールが出来ない人は辛いですよね。聴き手を意識すれば、かなり違ってくるはずなんですがねぇ…。
おっぴん 2007/06/13(Wed)12:04:04 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.