忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



るあのとっきーが中心となって企画してくれた
『BAKUJINファン感謝デー』・・・。
何度も言うようで申し訳ないが、
今ひとつその趣旨が理解できずに、とうとうその日を迎えてしまった。
僕が拠所ない事情で噺場へ着いたのが、開演予定時間の
午後3時を少しまわったころ。
既にBAKUJINのメンバーは勿論、いつもの仲間や常連さんも
お揃いのようす。
軽く腹ごしらえのあとは、長時間にわたっての「感謝デーライブ」。
とはいっても、、
まぁ、はっきり言ってしまえば、かなりの内輪ノリのライブ。
第二部は、そんな仲間?ファンが僕らのオリジナル曲を
僕らの演奏やコーラスに合わせて歌っていただくという、、
アーティスト冥利につきる好?企画。
夜9時近くまで、やんややんやで大盛り上がり。

でもね、、
考えてみたらBAKUJIN、「内輪ノリ」のライブは
ここ最近、とんと致してなかったような気がする。
演奏はもちろん、MCでさえ、、
与えられた時間の中で、如何に自分たちをアピールできるか、
そんなことばかりに集中してきたライブだったような気がする。
僕らをよく知る人にとっては、ピリピリとした印象のライブ
ばかりだったかも知れない。
そこへ行くとゆうべのライブは、その対極で、
全く肩の凝らない、アットホームなものだった。
一曲一曲が、演奏していて本当に楽しく感じたし、
うれしかったしね。

開演前に、マスターが僕にこう言った。
マスター「今日ね、BAKUJINのライブを観たいっていう何人かの
 問い合わせがあったんだけどね、、貸し切りってことで
 お断りさせてもらったんだよ。」

ワタシ「え? そういうお客さんがいればいるで、僕らは
 そこに照準を合わせて歌いますよ。」

マスター「でしょ? でもそうなると、僕らが楽しめないじゃん。
  だから貸し切りにしたんだよ。」

なるほどねぇ。
なんて有り難いお店なんだろ。
なんて温かい仲間たちなんだろ。

参加してくださった皆さんに心から感謝いたします。

さて、、次の僕らのライブは、
3月10日(土)になりました。
場所は、江東区東陽町の「イフ」。
詳細は、後日お知らせします。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
ありがとうございました!
ファンにとって贅沢な時間を過ごさせていただきました。はぁ~
(あ、イフ告知、フライングしちゃったかも??)
とっき~ 2007/02/20(Tue)03:06:49 編集
ありがとうございました
ファンあっての我らであります。
それを再確認させていただきました!

そういう意味で(?)、
僕も、とっき~のファンです。
筆者 2007/02/20(Tue)10:28:53 編集
お疲れ様でした
2番の出だしとっちって、すみません。
スイートホームシカゴのようにリベンジしようっかなぁ。。。
あの時、結構ばくさんの歌、気になってたんですが、気付いてました?

そうそう、loving you 大いに期待しています!!宜しくお願いします。キーはAです。今日、サックスの人に合わせてGで歌ったんですが、やっぱりAの方が歌いやすかったです。
楽しみだなぁ^^
hitomi 2007/02/21(Wed)00:48:29 編集
気づいてますとも・・
hitomiさんの前で歌うときは、
いつもにも増して、真剣モードになります。
なぁんつってね。

Loving you 、ハモリを入れましたけど、
あんなんでいいのかな??


筆者 2007/02/22(Thu)00:33:05 編集
十分でございます!
ハモリ、そう入ってましたよね。
さすが~ばくさん!!
なんでも、難無くこなしてしまう!
hitomi 2007/02/22(Thu)00:38:47 編集
やっぱり。
こういう企画が通用するって言う事が
BAKUJINの素晴らしさですね。
バンドという形態で生で拝見するのは実はまだ2度目なのに
随分昔からファンでいたかのような錯覚に陥ります。
なんつーか、至福のひと時でありました…
結構な長時間にもかかわらず、もっともっとと思ってしまう程ですた。
namie 2007/02/22(Thu)01:05:28 編集
だってスゴイものはスゴイ。
「ビートルズを聞いて育った」とか「ジャズを聞いて育った」なんてことをよく耳にしますが、わたくしの子どもはきっと「BAKUJINを聞いて育った」というに違いないです。「大きな愛に包まれて~♪」とワタシよりはるかにシッカリ覚えております。
周囲に影響してる音楽、楽曲のすばらしさに加えて、知れば知るほど、近づけば近づくほどに、みなさんの存在そのものに感謝している日々です。
L子 2007/02/25(Sun)12:44:11 編集
ありがとうございます。
ナミエさん、L子さん、素晴らしいコメントをありがとうございます。
一介のアマチュアである僕らの曲を、あんな風に
歌っていただくこと、そしてそんな風に語ってくださること、
なかなか照れくさくて素直な感謝の言葉を述べることが
できないでいる僕なのですが、
それって、、僕が感じている以上に「大変な」ことなんですよね。
これからも、「いいっ!」て言われるような
そして、皆さんに親しまれるような曲づくりを
しなくちゃなりませんね。
これからもよろしくお願いします。
筆者 2007/02/25(Sun)22:37:54 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.