忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




アップに少し時間がかかってしまいました。
もう大晦日、、。


たいせつなお知らせ、その3。
先日のライブ中にも、MCで少し話したことなのですが、、

それは年明け以降の僕らBAKUJINのライブ活動についてです。

結論から言いますと、
来年以降のBAKUJINとしてのライブ活動は、
全くの白紙状態である、
ということをお伝えしておこうと思います。

2010年のクリスマスライブの内容に手応えを感じた僕らBAKUJIN、
2011年はライブを積極的にやりたい、と話していたのですが、
あの3月の震災によって、予定していたライブの幾つかを
中止する事態に追い込まれてしまいました。

その後も、メンバー個々が仕事に追われたり、
その合間を縫って行われる個々の音楽活動もあり、
なかなかBAKUJINとしての活動を始めるタイミングがなく、
とうとうこの年末のクリスマスライブは、
4人でのステージということになってしまいました。

今の状況をいきなり打開する策も乏しく、
むしろ厳しくなる方向かなと思っています。
もっとも、ここで改めてそんなことを宣言しなくとも、
現に先日のライブでさえ、一年ぶりのものだったのですから、
驚きに値するようなことではないかも知れませんが。


バンドであれソロであれ、
仕事を持ちながらライブ活動を続けることの難しさを感じつつ、
やっとの思いで、どうにかこうにか音楽を続けている、
それが今の僕の偽ざる心境です。

何のために、、何を優先して、何を犠牲にして、
自分は音楽を続けるのか。
音楽活動、ライブ活動を自分のライフスタイルにどう位置づけるか、
いつもその部分で気持が揺れています。
音楽を続けること、否、止めてしまうことも含めて、
時間的に限りのある、自分の人生をどう生きるのかという、
人生の選択、生き方そのものでもあるわけで。



BAKUJIN、、。
6人で頑張ってきました。
この6人でしか出せない音があることを、
メンバーはそれぞれに自覚しています。
でも同時に、6通りの人生、考え方も基本にあるわけです。
音楽やライブ活動に対する意識の違い、温度差。
そして、いわゆる
メンバー個々の音楽性、音楽観の違い。
長いバンド活動の中では、それらがある日突然、
表面化することだってあり得るわけですが、
せめてそれらが、活動の障害にならないように
メンバー個々に努めてきました。

言うまでもなく、僕らは大人。
昨日今日バンドを始めた仲間ではありません。
誰もが他者の思いを尊重し、支えあい、
フォローしあいながら続けてきました。
その気持ちがなくして、バンド活動の継続は難しいです。
及ばずながら、僕もリーダー的存在として、
そのまとめに一役かってきたわけですが、
それにも限界があることを、
痛切に感じたこの一年でした。

幸いなことに、BAKUJINメンバーの誰もが、
BAKUJINのことを愛してくれています。
でも、先のような"ズレ"が、現実的には障害となって、
ひとつの方向へ向かえない。
今、僕らBAKUJINはそんな岐路に立っていると思ってください。

先日のクリスマスライブでは、たまたま4人で演奏できましたが、
再び「BAKUJIN」の名前を冠したライブを、いつ、
そして何人のメンバーでできるのか、、
その点でのお約束が全くできないのです。

悔しいことに、
僕個人としては、
そこいらあたりで思考停止をしてしまうのです。
次の一歩が見出せないのです。



BAKUJINは、それなりに歴史のあるバンドだと思っています。
でも、そこに胡坐をかいたまま、先へ進まないというのは、
僕の気持が許しません。
でも、状況がそれを許さない。
かといって、誰かひとりの力でどうなるわけでもない。

ここで焦ることはないのかも知れません。
少し休んでみるのも手かな、、
と思いはじめている僕であり、
BAKUJINのメンバーです。

とはいえ、
BAKUJINの歴史や、楽曲が消えてなくなるわけではありません。
もちろん、メンバーも音楽活動を止めるわけではありません。
皆さんに親しんでいただいているBAKUJINのオリジナルの数々は、
今後も僕の活動の中で、機会があれば演奏して行くつもりでいます。


年明け以降の個人的な活動についてお話します。

僕のボーカルをメインに据えたBAKUMAN若しくはB.M.R的な活動、
あるいはソロ活動を復活させようと考えています。
そして今や、定期的にライブ活動を行うようになったFu's系のユニットも
より充実したものへ発展させるべく考えています。
かたやボーカリスト、かたやギタリストとして、
まずは自分が楽しめるような音楽環境を整えるつもりでいます。

それらをつらつらと考えていると、
気持ちが晴れやかになってきます。

音楽は自分を表現すること。
可能であれば、
もっと自由に、もっと楽しく。

そして、それを一緒に表現できる仲間と出逢いたい。
ともに楽しんでもらえる人と出遭いたい。

more free.

more enjoy..


良いお年をお迎えください。











PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
断捨離ですかね
自分を縛っているものを断捨離して行くとだんだん楽になってきます。
自分の場合はタバコとバイク。
自由の象徴と思っていたバイクが自分をがんじがらめにしていたことは離れてみて初めて解ったことです。
調度良い関係を続けることって難しいデスね。
もう少し肩の力を抜いて楽になるはずですよ、きっと。
Namie 2012/01/01(Sun)17:03:48 編集
断捨離・・・
・・・この言葉、初耳でした(汗)

肩の力、抜いてみたい今日この頃であります。

本年も宜しくお願いしますm(__)m

筆者 2012/01/01(Sun)21:16:00 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.