忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の近頃のギタースタイルについて書いてみますかね?

二週続けて演奏させてもらったFu's all time。
ご存知のように、Fu'sはスタンダードなジャズナンバーや
ポップスを、自分らなりのアレンジで演奏してしまおう、
というバンド。
素材がジャズナンバーだったりすると、
まだまだ分からないことも多い僕なので、
毎回が勉強なのであります。

読んでいただいている人の中には、
『どうしてジャズに行っちゃったの?』なんて、
怪訝に思っている方もいるかも知れないのですが、
たとえば、下の動画はいかがでしょうか?

以前にも一度紹介したことのある ジョン・ピザレリ。
曲は、ビートルズの 「Cant' buy me love」



あの曲がこうなってしまう、、という。
僕の場合、いわゆるソロの"速弾き"な部分には
ほとんど興味がなくて、
ジャジーな魅力=ハーモニーの魅力=コード感の魅力、
という捉え方をしているんですね。

ギターを弾き始めて、初めて maj7とか、add9とかの
響きのカッコ良さに感激したのと同じように、
たとえばこのジョンが弾いたコードの響きと
ポジションに目と耳が惹きこまれるわけなんです。
それが、たとえば #9 とか ♭9 、#11 だったり13thとかを
自分の耳で発見すると、、それが嬉しいのですね。
理論じゃぁない。
あくまで、メロに対するコードの妙に感じ入るわけなんです。

さらに、、下の動画。



たったこれだけの事。
この短い時間の中で、彼がやっている技。
解析してみたくなる・・・・
とは思いませんか?(笑)
Fu'sでのパッキングに使えないものか?? って
思うのも、、無理ないと思いませんか?(再笑)

気持ちは、
『ウッドストック』のS・スティルスのギターに衝撃受けて、
変則チューニングを解析しているあの頃と、
なんら変わりはないわけです。

そっ、
ただ、それだけのこと、なんですね。


PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.