忍者ブログ
ばく の音楽活動と日常を綴るブログ since August,2003
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




写真を、スタジオまんぼうさんから拝借しました。


■変なこだわり

店内のお客さんのほとんどはアマ・プロのミュージシャンばかりで、
聴くだけのお客さまはごく僅か。
年齢層は幅広く大学生さんからベテランさんまで。
皆さんふだんの演奏スタイルは、ジャズ・カントリー・フュージョン・ハワイアン、
そして中には、僕らみたいなフォーク・ロック崩れ(汗)。
入れ替わり立ち代わり繰り広げられるそれぞれの演奏は、
どなたも長年の経験や日頃の練習の成果が感じられ、
お客として聴かせてもらっているだけで十分に楽しませてもらいました。

プロミュージシャンのサポートを得て素晴らしいジャズギターを聴かせてくれた
とあるベテランギタリストFさんがMCでこんなことをおっしゃっていた。

「今日は素晴らしいバックのおかげで、ゆりかごに乗っているような気分です。」

なるほど、、です。

僕のように日頃は固定メンバーでバンド活動をメインに行っている者にとっては、
こういう機会って本当にないものね。
Fさんご自身もバンド活動はやられているようだけど、だとしてもビシっと決まった
バッキングを背に演奏するというチャンスは、そうないだろうし、
この日は格別な気分で演奏できたので先のような感想を述べられたのでしょうね。

でも、、僕は、、気が小さいし、、技術も乏しいし、、
たとえば、ちゃんと基礎から講師に教わって勉強したとかでもないし、
究極の独学&地肩勝負士的なミュージシャンですからね、
そのくせ、なまじ弾き語りならなんとかなるか?、、みたいな自負?気負い?もあって、
きっとこういうバッキングの中で弾くというのは、、むしろ針のむしろ的な気分に
陥ってしまいそう。

うん? 帰り際に、男性ジャズボーカルさんをお見かけしたなぁ・・・。
あの線があるか??

ぃゃ、、ダメダメ!!
やっぱりギター持っていたいし。

こんなんじゃ、一生かかってもジャズセッションやブルースセッションには行けないなと、、。


■ガットにハマる

この前の横浜ライブからガットギターを使ってます。
で、「JAZZら」もガットをラインで。
今回はあまりフラットピックを使わずに指弾きに。
ちょっとこのスタイルにハマりつつあります。
弦のテンションやタッチと出音のイメージ、それらがしっくりと来ているんですね。
しっくりと来ると、、何がいいか?

うまく誤魔化せる・・・(笑)
ぃゃ、、誤魔化せてなんかいないだろうけど、、少なくとも自分的には、
精神的な許容の範囲でミスっても平気でいられる・・。(汗)

ちょいと自虐的な話になってしまったけれど、
ガットは、ポップスでもフォークでもジャズでも演歌でもあらゆる音楽に対応できる
懐の深さみたいなものが実に有り難い。
ひとこで言えば「鷹揚」さを再認識しているところ。

それはそうと、今回使用したアントーニオ♪のエレガットにはチューナーが内蔵されているので
ステージ上では重宝する、、、はずだったんだけど、『智子さんセッション』のときは、
ピアノと全然音が合わなくて難儀しました。
手元では合っているはずなのに、バックとはズレズレ。
弾けば弾くだけ周囲に迷惑をかけてる感じがして、それこそ、、誤魔化してました。

ロッキー曰く、
「チューナーで442Hzに合わせる」んだそうな・・・。

え? そなの?

■やり残してる感

先に話したFさんのジャズギター。
また、Nさんのヒュージョン系のギター。
やっぱりね、、あの辺りの音楽を目の当たりにすると、
なんかこう、、「やり残してる感」がムクムクと目覚めてきますな。
思い起こせば30ウン年前、、あのとき、、あちらへ傾倒していたら、、
今とは全く異なる音楽人生を送っていたことでしょう。

ま、今からでも遅くはないですね。
少しずつ勉強して行くことにいたしましょう。




PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
COUNTER
CURRENT TIME
CALENDAR
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
PROFILE
HN:
ば く ( BAKU )
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Man of middle age
Singer;Song writer;Guitar player
東京都出身・O型・魚座
1995年3月:音楽活動再開
1998年4月:フォークデュオ「漠人」結成
1998年9月:アコースティックホップス
     「BAKUJIN」活動開始
2004年: ソロ活動開始
2009年: ジャズ&ポップスユニット
     「Fu's all time」活動開始
バンド活動であったり、
ギター弾き語りストであったり、
サポートギタリストであったり。
RECENT TRACKBACK
QR
ENTRY ARCHIVE
アクセス解析
SEARCH
忍者ブログ [PR]
"ば く ( BAKU )" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.